home > Blog > Archives

楽天カード入会者全員に2000円分のポイントプレゼント!
フォーティーラブ ショッピング 仮オープン!
30分テニス完全マスター!基礎&ストローク スピード上達実践バイブルキット Pick Up!
期間限定であの本のプレゼントが復活!
→blogランキング!
テニス初心者週末プレーヤーのための上達ノウハウメルマガ登録募集中!現在の登録【516名】 04/11/14 UP!
テニスショップアド
おすすめ度★★★★
あのプレーヤーが使っていたラケットを探すならここ。人気モデルを中心に競技派からエンジョイ派まで幅広くカバー。1円からのテニスグッズオークションも随時開催!
テニスマックス
おすすめ度★★★★★
All Aboutショッピングおすすめショップ。テニスラケット全国どこでも無料でレンタル(送料別)。気に入ったモデルがあったら試打しよう!旧モデルのセールが定期的に開催、新品ラケットが1万円台で購入可能!
ケンコーコム・スポーツ
おすすめ度★★★★
テニスに必要なサプリメントやケアグッズは格安ですべてそろいます。体にも気をくばろう!
▼【テニス初心者週末プレーヤーのための上達ノウハウ】
メールアドレス:

›November 29, 2004

シャワポワ VS ミスキナ 女の戦い!

Posted by darren at 04:08 PM / Category: pro / 0 Comments / 3 TrackBack
■ミスキナ、シャラポワの代表入りをけん制
ミスキナは今月行われたWTAツアー選手権でシャラポワと対戦した際、シャラポワの父ユーリさんの態度に激怒。「もしシャラポワが来季にロシア代表入りしたら、わたしは代表を辞退する。わたしを人間として尊重してくれない人達とは同じチームになりたくない」と語った。 (Y!ニュースより)

今年、大活躍した女子テニスのロシア勢ですが、なにやら確執がうまれているみたいですね。

ヤフーのニュースを読む限りではシャラポワ VS ミスキナやクズネツォワなど他のロシア実力選手という形になっているんですかね。

女子テニスの場合、父親が問題起こして娘のプレーに影響が出てしまうみたいなことはありがちなことなんでしょうか?ドキッチなんかも親父が問題児でしたし。

若くして活躍するには小さいころからプロを目指したトレーニングが必要で、その環境を整えてくれた親に娘は頭が上がらないのはわかるのですが、あまり他の選手に対して失礼な態度をとるのはいただけませんね。

まあシャラポワもけっこうプライド高そうなので、この女の戦いはしばらく続いちゃうんでしょうか・・・。


→blogランキングの順位をチェック!

›November 16, 2004

WTAツアー選手権、シャラポワが優勝

Posted by darren at 08:17 PM / Category: pro / 0 Comments / 3 TrackBack
シャラポワ、今季最終戦も制す
WTAツアー選手権、シャラポワが優勝

女子テニス協会(WTA)ツアーの今季最終戦、ツアー選手権は15日、当地で決勝が行われ、ウィンブルドン選手権を制したマリア・シャラポワ(ロシア)がセリーナ・ウィリアムズ(米国)に4−6、6−2、6−4で逆転勝ち、大会初制覇を果たした。ツアーでは今季5勝目、通算7勝目。賞金100万ドル(約1億500万円)を獲得した。

WTAツアーの最終戦はシャラポワがセリーナに逆転勝ちで幕を閉じました。

今年の女子ツアーはロシア勢が4大大会のうち3つを征して、層の厚さを見せました。その中でも、見た目のきれいさも手伝って、シャラポワの人気は爆発的に上昇しました。

テニス雑誌もこぞって表紙にシャラポワを起用し、各メーカーもCM契約のアプローチをしました。女子テニス・オブ・ザ・イヤーはシャラポワに決まりですねぇ。

既に富と名声?を手に入れてしまったシャラポワですが、これに満足することなく来年も良いプレーをまた見せてほしいものです。


→blogランキングの順位をチェック!

›October 26, 2004

フェレーロがヘッドのラケットにチェンジ!

Posted by darren at 10:15 PM / Category: pro / 2 Comments / 1 TrackBack
フェレーロがヘッドのラケットにチェンジ!
ATPのプロフィールも更新されています。
Champion Ferrero Beaten by Horna

最近調子の悪いフェレーロですが、ラケットのメーカーが変わってますね。(tennis.infoさんで知りました。)
ATPのサイトのプロフィールも更新されていますが、ラケットの名前はまだ決まってないみたいです。なんでまたこんな時期に。

海外のサイトをちょっと調べて見たのですが、あまり決定的な話は無かった気がします。もしラケット変えた理由とかご存知の方おられたら教えてください。


→blogランキングの順位をチェック!

›October 25, 2004

シャラポワ準優勝、スイスコムチャレンジ

Posted by darren at 08:19 PM / Category: pro / 0 Comments / 1 TrackBack
スイスコム・チャレンジ、シャラポワが3大会連続優勝逃す
WTAニュース
女子テニスのスイスコム・チャレンジは24日、当地でシングルス決勝を行い、第4シードのマリア・シャラポワ(ロシア)がノーシードのアリシア・モリック(オーストラリア)に6―4、2―6、3―6の逆転負けを喫し、3大会連続優勝を逃した。(Y!ニュースより)

ビーナス・ウィリアムスとディメンティエワ(クズネツォワに勝った)を倒して勝ち上がってきたシャラポワですが、ノーシードから勝ち上がってきたアリシア・モリクに逆転負けとなりました。モリクはアテネオリンピックの銅メダリストでしたね。シャワポワはどうも途中で肩を痛めたようで、その影響が大きかったのかもしれません。ここんとこ連戦で疲れもたまってるでしょうし、しばらく休養した方がいいのかも。


→blogランキングの順位をチェック!

›October 23, 2004

シャラポワ、スイスコムチャレンジ準決勝進出!

Posted by darren at 06:54 PM / Category: pro / 0 Comments / 1 TrackBack
スイスコム・チャレンジ、シャラポワが準決勝進出
女子テニスのスイスコム・チャレンジは22日、当地でシングルス準々決勝を行い、第4シードのマリア・シャラポワ(ロシア)が第7シードのビーナス・ウィリアムズ(米国)を6―3、6―4のストレートで下し、準決勝進出を決めた。  今季ウィンブルドン選手権を制したシャラポワは強烈なショットとサービスリターンで元世界ランク1位のビーナスを圧倒。わずか1時間15分で勝利を収めた。

シャワポアもビーナスに普通に勝てるようになってきたんですね。そろそろウィリアムス姉妹の時代も終わりが近いのかもしれません。シャワポワはじめ他の選手が強くなったというのもありますが、個人的にはウィリアムス姉妹が弱くなったという印象を持っています。燃え尽きってのもあるかもしれませんね。なんかテニスは引退して別のことしたいみたいなことも言われてたことありますし。どうなんでしょうかね?


→blogランキングの順位をチェック!

ヒューイットとキムが破局!

Posted by darren at 06:27 PM / Category: pro / 0 Comments / 0 TrackBack
ラブゲームはブレークラブ、大物2人破局 テニス界のビッグカップルが破局した。女子テニスの元世界ランク1位のキム・クライシュテルス(21=ベルギー)が22日、自身の公式サイトで男子テニス元世界NO・1のレイトン・ヒューイット(23=オーストラリア)との破局を明らかにした。理由は不明だが、サイトでは「2人とも悪意のあるゴシップ報道で、距離を置くようになってしまった」としている。2人は00年、ラフター(オーストラリア)の紹介で知り合い、交際がスタート。03年12月に婚約を発表し、来年2月にベルギーの礼拝堂で挙式を予定していた。(ヤフーニュースより)

キムクリスターズ公式サイト
Love game over: Clijsters, Hewitt split up, according to her Web site

このニュース見てびっくり!あんなにラブラブな感じだったのにゴシップ記事くらいで破局するものなのかなぁ?でも自分のオフィシャルサイトで発表するくらいだから本当ってことか。。。

男女の仲ってのは複雑ですねほんと。どっちかというと女性の気持ちがわからない感じですが。。。
あーあんまりいいコメントが思い浮かばないなぁ。

全然関係ないけど某週刊誌にクルニコワが水着で出てましたね。

追記:
Ravenlifeさんによるとヒューイットの母親のツアー同行が問題?となっているようです。(ふむふむ)


→blogランキングの順位をチェック!

›October 10, 2004

シャワポワAIG2連覇

Posted by darren at 11:23 AM / Category: pro / 0 Comments / 1 TrackBack
シャラポワ2連覇
テニスのAIGジャパンオープン第6日は9日、東京・有明テニスの森公園で女子シングルス決勝を行い、ウィンブルドン選手権の覇者で第1シードのマリア・シャラポワ(ロシア)がマショナ・ワシントン(米国)をストレートで下し、大会2連覇を達成した。シャラポワは、前週の韓国オープンに続き今季4勝、通算6勝目。

おめでとう!シャワポワ2連覇達成!
去年のジャパンオープンでのシャワポワはほんとにまだ少女っぽさが残る感じで、フィジカル面も華奢な感じだったのだけど、今年は大人の女性の雰囲気(でもまだ17歳・・・)と鍛えられたフィジカルで圧倒的強さを発揮し2連覇を達成しました。

シャワポワはファンサービスもちゃんとやってくれるし、自分がファンによって支えられているということをわかっている選手だと思います。これからも観客を楽しませるパフォーマンスをしてくれるようなテニスプレーヤーが増えてくれるといいですね。


→blogランキングの順位をチェック!

›October 06, 2004

映画のウインブルドン

Posted by darren at 11:31 AM / Category: pro / 0 Comments / 0 TrackBack
映画「ウインブルドン」公式HP

ポール・ベタニー(Paul Bettany)が演じる、イギリスのベテラン選手が、キルステン・ダンスト(Kirsten Dunst)演じるアメリカの若手女子選手と出会い、最後のウィンブルドンのタイトルの夢に挑戦する、というラブストーリー(善福寺手帳より引用)

ウインブルドンというタイトルの映画がアメリカで公開されたらしいというので調べてみたら善福寺手帳というブログで紹介されていたので、参考にさせていただきました。

試写会に登場したシャワポワのこの画像・・・きれいすぎる!w( ̄o ̄)w オオー!。

ヒロイン役のキルティン・ダンストはスパイダーマンでヒロインやってた人だけど、シャワポワと並ぶと完全にシャワポワが勝っています!キルティン・ダンストひとりだと、そこそこきれいな人なんだけどなぁ。

映画館には観に行かないと思います(笑)が、DVDが出たらレンタルしてみようかな。


→blogランキングの順位をチェック!

AIGジャパンオープン テレビ放送予定

Posted by darren at 11:14 AM / Category: pro / 0 Comments / 2 TrackBack

›October 05, 2004

タチアナ・ゴロビン プロフィール

Posted by darren at 07:37 PM / Category: pro / 1 Comments / 1 TrackBack

ジャパンオープンの影響か、タチアナ・ゴロビンでアクセスしてくれる人が多いみたいですね。ゴロビンの写真はこちら

ジャパンオープン出場選手:タチアナ・ゴロビン
WTAプロフィール:タチアナ・ゴロビン

ロシア・モスクワ出身。現在はフランス在住。1988年生まれの16歳

今年の成績一覧
Finalist (1): 2004 - Birmingham.
Semifinalist (1): 2004 - Paris [Indoors].
Quarterfinalist (1): 2004 - Montreal [Canadian Open].
Fourth Round (3): 2004 - Australian Open, Miami, Wimbledon.

MIXED DOUBLES
Winner (1): 2004 - Roland Garros (w/Gasquet).

ADDITIONAL
French Fed Cup Team, 2004

全豪とウインブルドンの4回戦進出と全仏でのミックスダブルス優勝あたりが注目どころでしょうか。ジャパンオープンでは第2シードに入っています。シャワポワ VS ゴロビンは実現するのか!?


→blogランキングの順位をチェック!

›October 04, 2004

最近のテニスニュースをまとめて

Posted by darren at 10:50 PM / Category: pro / 0 Comments / 1 TrackBack
韓国オープン、シャラポワが優勝!
タイ・オープン、フェデラー優勝し今季10勝目
ベルギー・オープン、デメンティエワが優勝

更新さぼりまくりでした。。。もっとがんばります!

最近のテニスニュースをまとめて報告!

■韓国オープンのシャワポワ優勝ですが、マルタ・ドマチョワカ(ポーランド)に6−1,6−1ストレート勝利でした。この選手を知らなかったのですが、WTAサイトで調べてみたらなかなか美人だし、まだ18歳でシャラポワとは一つ違いだったんですね。ティーンエイジャーの女子選手がどんどんできて面白くなりそうですね。

■フェデラーはまたロディックをカモっちゃったんですね。スコアも6―4、6―0、あいたたた・・。世界ランク1位と2位やのにこんなにも実力差がるとは。。。まあフェデラーがありえない強さってのはあるんですが、ロディックもっとがんばれよ!と応援したくなります。コーチのブラッド・ギルバートもちょっと頭抱えてるようすが目に浮かぶような。。。

■ディメンティエワがベルギーオープンで、同じロシアのボビーナを倒して優勝しました。そういえばディメンティエワもボビーナも両方ファミリーネーム?がエレナですね。ボビーナは身長が189センチもある長身の選手で、ダベンポート級にパワーのある選手なのですが、いまいち伸びてきませんね。ダベンポートみたいに痩せたら勝てるかな?


→blogランキングの順位をチェック!

›September 28, 2004

AIGガウディオ、ドキッチ欠場

Posted by darren at 05:04 PM / Category: pro / 0 Comments / 0 TrackBack
テニスのAIGジャパン・オープン(10月4日開幕、東京・有明テニスの森公園)の主催者は28日、今年の全仏オープン男子シングルスを制したガストン・ガウディオ(アルゼンチン)が家族の病気入院のため欠場すると発表した。女子シングルスでも、エレナ・ドキッチ(セルビア・モンテネグロ)がひじの故障で欠場する。(Y!ニュースより)

AIGジャパンオープンHP

2004年10月4日(月)〜10月10日(日)にAIGジャパンオープンが開催されますが、残念ながら男子では全仏チャンピオンのガウディオと女子ではドキッチが欠場することになりました。でもまだまだヒューイット、ナルバンディアン、シャワポワ、ゴロビンなどスター選手が出場しますから、観に行ける人はぜひ行きましょう!無理な人はテレビ観戦しましょう!

→AIGジャパンオープン出場予定選手


→blogランキングの順位をチェック!

›September 22, 2004

シャラポワが香水メーカーと契約

Posted by darren at 07:53 PM / Category: pro / 0 Comments / 1 TrackBack
女子テニスの人気選手で、ことしのウィンブルドン選手権を17歳で初制覇したマリア・シャラポワ(ロシア)が香水メーカーと契約を結んだと、関係者が20日、明らかにした。3年総額で約500万ドル(約5億5000万円)とみられる。来年中にはシャラポワの名前をつけた香水を開発する予定という。本人は「世界のファッションに興味がある。じかに経験できるのが楽しみ」との声明を発表した。(Yahoo!ニュースより)

2004ウインブルドン女王のマリア・シャラポワが香水メーカーのパルロックスと契約したそうです。もともとモデルもしている彼女なので、ウインブルドンでの知名度アップも手伝って、こういう仕事はこれからどんどん増えるでしょうね。苦労の時代を乗り越えてきただけに成功の度合いも大きいのでしょうか。次はジャパンオープンでシャラポワを観られそうです。

テニスの試合にで出るときなんかにパルロックス
の香水をつけて出たら勝てるかもしれませんね(笑)


→blogランキングの順位をチェック!

›September 15, 2004

美しいテニス

Posted by darren at 10:43 PM / Category: pro / 0 Comments / 1 TrackBack
フェデラーは、「うぬぼれるつもりはないが、ぼくのテニスは美しい。動きとテクニックがコート上で、バランスよく一体となっている」と語った。  全米オープン男子シングルス決勝で、強豪レイトン・ヒューイット(オーストラリア)を6―0、7―6、6―0のストレートで圧倒したフェデラーは、「ぼくのテニスはオーソドックスなスタイル。この片手バックハンドで世界の頂点に立つのは、特別なことだ」と語った。  さらに、「多くの子どもたちがぼくの影響を受けると思う。ぼくのテニス信条は相手のミスを待つのではなく、攻撃と戦術で試合を組み立てていくこと」と、語った。(ヤフーテニスより)
全米オープンの総集編で松岡修三さんがフェデラーにインタビューしていた中で、フェデラーは「今年はメンタルを強化したんだ」といっていました。どうやって強化したのかが知りたいところですが、上記の自信をもったコメントがそれを裏付けているような気がします。

「ぼくのテニスは美しい」って本人に言われるとちょっと・・・という感じはしますが、それが正しい表現であることは観ていたあなたが一番わかっているはず。自分から攻撃して勝つテニスってテニスをするものにとっては理想のプレースタイルですよね。


→blogランキングの順位をチェック!

›September 13, 2004

フェデラー優勝!

Posted by darren at 08:22 AM / Category: pro / 0 Comments / 3 TrackBack

■男子シングルスはロジャー・フェデラーが優勝

★天衣無縫
天人の衣服には縫い目のあとがないこと。転じて、詩や文章などに、技巧のあとが見えず自然であって、しかも完全無欠で美しいこと。また、そのさま(ヤフー辞書より)

天衣無縫・・・フェデラーのプレーを表現するとすればこの言葉がぴったりだと感じた。これまで絶好調で勝ち上がってきたはずの2人の対戦。しかし結果はフェデラーのストレート勝利。しかもスコアは6−0、7−6、6−0。ピンチになっても焦らない、有利になればさらに有利さを大きくしていく。
どうしてあそこまでクールにプレーができるのか?プレーヤーとしての花は無いかもしれない。だけどその完璧なプレーが観客にとってはあとあとまでずっと印象に残る最高のショーとなっているに違いない。

今年のグランドスラムを3つ征したフェデラー。これはオープン化されて以来、史上4人目の快挙だそうだ。快進撃を続けるフェデラー。サンプラスが築いたような一時代を、フェデラーも作ってくれるだろう。


→blogランキングの順位をチェック!

›September 12, 2004

クズネツォワが優勝!

Posted by darren at 10:45 AM / Category: pro / 0 Comments / 1 TrackBack

■女子シングルスファイナルはクズネツォワの勝利!

フォアの強打といえばディメンティエワのイメージがあったのですが、それ以上にクズネツォワのフォアも強力なショット。スペイン育ちだけあって、ちょっとフォームがフェレーロぽい感じがしました。
打球音がすごかったですね。乾いたスパーンっていう音でした。

ディメンティエワのトスが右すぎるスライスサーブですが、理由があったんですね。肩を痛めて、肩が痛くないような打ち方を探していたらああいう形になったとのこと。でも肩の痛みは少ないかもしれないけど、あのサーブは不安定だし、センターを狙いにくいなど犠牲にしてるものは大きいような気がします。

サーブがクズネツォワのフォアに行ってしまうので、先に強打を打たれてしまってペースをにぎられてしまう。クズネツォワの強打もミスがけっこう多かったので、一気に行かれることはなかったのですが結局はクズネツォワ有利に試合が進んでしまいました。

クズネツォワはグランドスラム初の決勝進出とは思えないほど落ち着いていました。ミスをしても恐れず打ち込み続けるスタイルで勝ち切りました。ウィリアムズ姉妹以外でこんなに強打のできる選手が他にいたんですね。いままで出てこなかったのが不思議なくらい。女子はさらにトップ争いが激化しそうです。


→blogランキングの順位をチェック!

フェデラーVSヒューイット!

Posted by darren at 06:29 AM / Category: pro / 0 Comments / 1 TrackBack

■男子シングルスファイナルはフェデラー VS ヒューイット

男子シングルス準決勝結果。
第2シードのロディックをフルセットで破ったヨアキム・ヨハンソン VS 3年前のチャンピオン、レイトン・ヒューイットの試合はヒューイットがストレートでヨハンソンを下し、ファイナル進出を決めた。

ヨアキム・ヨハンソンという選手の試合を初めて観たのだけど、マーク・フィリポーシスとすごくダブるなぁ、ってのが第一感ですね。スカッド2世って感じ。サーブが火を噴くと手がつけられないし、ストロークも決まるときはすばらしいショットなのだけど、いかんせんイージーミスが多い。ロディックを破ったんだから、もっとがんばれよ!と思ったけれど、ヒューイットのリターン力をもってすればヨハンソンのサーブもある程度は返せてしまうし、そもそも2人はよく一緒に練習をしているとのことなので慣れるのも早い。唯一の武器を封じられたヨハンソンに勝機はなかった。。。

余談ですが電脳網庭球寺で紹介されていたのですが

相手のヨハンソンはかつて全豪を取ったトーマス・ヨハンソンでなく、ロディックと同じ世代のヨアキム・ヨハンソン君。今まではヒューイットの妹Jaslynの彼氏として知られているだけだったが、そのビックサーブで同じプレイスタイルのロディックを破った。

ヨハンソンの彼女はヒューイットの妹だったんですね。。。知らなかった。。

もう一方のフェデラー VS ヘンマンはフェデラーがストレートで勝利。

決勝戦は絶好調ロジャー・フェデラー VS 復活したファイター、レイトン・ヒューイットの対決となりました。ヒューイットのファーターっぷりはけっこう好きなので、ヒューイットにも大いに期待したいのですが、今年の2人の対戦データを見てみると。。。

2004
Wimbledon, Grass, Q
England
Grass
Q
Federer
6 1   6 7   6 0   6 4  
2004
Hamburg TMS, Clay, S
Germany
Clay
S
Federer
6 0   6 4  
2004
Australian Open, Hard, R16
Australia
Hard
R16
Federer
4 6   6 3   6 0   6 4  

ってな感じで、フェデラーの3戦3勝となっています。データ的にはフェデラー有利ですが、接戦を期待したいですね。


→blogランキングの順位をチェック!

›September 11, 2004

2ndロシアンファイナル!

Posted by darren at 10:22 AM / Category: pro / 2 Comments / 2 TrackBack

■ロシアンファイナル実現!

女子シングルス準決勝結果。

ジェニファー・カプリアティー VS エレナ・ディメンティエワの試合をテレビで放送していました。ちょっと徹夜気味だったのでぼーっとテレビをつけたのですが、試合を観て目が覚めました。

「なんだこの激しい打ち合いは!」

カプリアティーもディメンティエワもスイングスピードのあるストローカーなので、ボールが速いのは予想できていたのですが、それでもおどろくくらいスピードのある打ち合いでしたね。

ディメンティエワのサーブのトスは相変わらずちょっと右すぎる感じは治ってなかったのですが、全仏と比べて弱点のバックハンドからも攻撃できるようになっていたし、ネットに積極的につめて攻めていました。それらの改善によって得意のフォアの強打を活かせる場面を作れたことが勝因だった気がします。

もう一方のクズネツォワ VS ダベンポートですが、逆転でクズネツォワの勝利となりました。クズネツォワは初のグランドスラム決勝進出。今まで実力はありながらもこれまで上位進出はなかったので、これをきっかけにトップグループの仲間入りを果たすかもしれません。

この時点で女子シングルスは今年のグランドスラム3大会連続でロシアがとることが決定しました。なんども言いますが、ロシアの層の厚さはほんとにすごい。一人がだめでも別の一人がでてくる。大ロシア時代の到来ですね。

★Today is 9.11
3年前の2001年9月11日にアメリカのテロ事件が起こりました。全米オープンの決勝戦が終わった次の日でした。2度とあの悲劇がくりかえされないように。黙祷。


→blogランキングの順位をチェック!

›September 10, 2004

伏兵ヨアキム・ヨハンソン!

Posted by darren at 02:59 PM / Category: pro / 0 Comments / 3 TrackBack

■男子シングルス準々決勝
去年の覇者アンディー・ロディックが第28シードのヨアキム・ヨハンソンにフルセットで敗れた。USオープンのホームページトップにサービスエースランキングが出ているのだけど、ヨハンソンが一位に来てて「この選手そんなにサーブがいいのか?」と思ってたのですが、198cmの長身から繰り出すビッグサープを得意とする選手だったんですね。今まで試合を観たことがないので今回観られるのを楽しみにしています。またあたらしいライバルがトップ争いに加わりそうですね。

ヨアキム・ヨハンソン プロフィール

1982年生まれの22歳。198cmの長身を活かしたサーブと、力強いストロークにはジュニア時代から定評がある選手です。シングルスで優勝を果たした2000年の世界スーパージュニアテニス選手権では、決勝戦で24本のサービスエースを取いる。
プロへ転向したのは2000年。今年の2月に、アメリカ・メンフィスで行われたインターナショナルシリーズで初優勝を飾る。また、ラケットをRDX500に替えて初の大会となったウィンブルドン・全英選手権では、初の4回戦進出・ベスト16入りを果たしている。(YONEXホームページより)


→blogランキングの順位をチェック!

フェデラー勝利!

Posted by darren at 07:54 AM / Category: pro / 0 Comments / 1 TrackBack
★USオープン2004ドロー

男子シングルス
女子シングルス
男子ダブルス
女子ダブルス

■男子シングルス準々決勝
・フェデラー VS アガシはフェデラーがフルセットでアガシを振り切りベスト4進出!

雨で中断して、日を変えて再開された試合ですが、昨日とは打って変わった環境で、強風の中での戦いとなりました。フェデラーもアガシもライジングショットが得意な選手だし、さらにハードコートってこともあって打ち合いがめちゃ速い。

アガシのスイングはほんとにコンパクトで、フェデラーのようなやわらかいひねりからのスイングとは質がちがうけれど、とても勉強になるフォームですねぇ。アガシももういつ引退してもおかしくないので、この試合のビデオは保存版にしておかないと、もうアガシのプレーが見られないかも。

第4セットは風の影響でフェデラーのプレーが乱れてアガシが取って、ファイナルセットもアガシペースかと思ったのですが、ここで精神的にくずれないのがフェデラーの真の強さ。最終セットは6−3でフェデラーがとってベスト4進出を決めました。

事実上の決勝戦ともいえるこの試合を乗り切ったフェデラー。決勝がヒューイットでもロディックでも、どちらにもここ最近の対戦ではフェデラーが勝ち越しています。ロディックに勝つ可能性があるとすれば地元USオープンであることと、ウインブルドンの経験を踏まえた作戦をたてられているかでしょう。去年の全米みたいにスライスで粘って、チャンスがきたら得意のビッグフォアハンドを使うって流れでいいと思うんだけどなぁ。でもフェデラー相手だと、それもどうかなぁ・・・。ん〜たのしみです。

★男子シングルス準決勝組み合わせ

ロジャー・フェデラー VS ティム・ヘンマン
レイトン・ヒューイット VS (ヨハンソンとロディックの勝者)


→blogランキングの順位をチェック!

›September 09, 2004

ダベンポートが浅越にストレート勝利!

Posted by darren at 09:19 AM / Category: pro / 0 Comments / 1 TrackBack
★USオープン2004ドロー

男子シングルス
女子シングルス
男子ダブルス
女子ダブルス

■女子シングルス準々決勝速報!

・リンゼイ・ダベンポートが浅越しのぶをストレートで下す!

雨で試合開始が遅れていた女子シングルス準々決勝ですが、40分ほど前に開始されました。健闘が期待されていた浅越しのぶですが、地元アメリカのリンゼイダベンポートの前に6−1、6−1のストレートで敗れました。杉山愛がカプリアティーに敗れたあと、日本の期待を背負って戦いましたが、豊富な経験とパワーをもつダベンポート相手には力が足りなかったようです。でも、ここまでよくがんばってくれました。ありがとう!

■男子シングルス準々決勝速報!

現在第1シードのロジャー・フェデラー VS アンドレ・アガシの試合が行なわれています。現在は第1セットでゲームカウント4−2、フェデラーのワンブレークアップです。

昨日のブログでこの試合が地上波であるかもって書いちゃったんですが、明日あるのはボトムハーフの方だからこのカードじゃないんですね。まちがえました、ごめんなさい(≧≦) ゴメンヨー

もう一試合のドミニク・ハーバティ VS ティム・ヘンマンの試合は第1セットをヘンマンが6−1で取って、現在第2セットが始まったばかりです。


→blogランキングの順位をチェック!

›September 08, 2004

ディメンティエワ勝利!

Posted by darren at 12:37 PM / Category: pro / 0 Comments / 2 TrackBack
全米オープン地上波テレビ放送予定
9月10日 AM5:30〜8:20 男子準々決勝
9月11日 AM5:30〜8:00 女子準決勝
9月12日 AM5:30〜8:00 男子準決勝
AM9:23〜11:30 女子決勝
9月13日 AM4:50〜8:20 男子決勝
PM11:55〜AM25:20 総集編
TBSホームページより)

あさって9月10日(金)からは地上波でも全米オープンが観戦できます。
もちろん管理人はあさ早く起きてリアルタイムで見るつもりです!
無理な人はビデオテープやDVDもう用意できてますか?

■女子シングルス結果速報!

・ジェニファー・カプリアティーがセレナ・ウィリアムスを逆転フルセットで下す!
・エレナ・ディメンティエワが第2シードのアメリー・モーレスモに競り勝つ!

ロシア勢が第1、第2シードを倒しちゃいましたね。
第1シードのエナンはペトロワが、第2シードのモーレスモはディメンティエワがそれぞれ破りました。

こうなってくると管理人的に優勝にもっとも近いと考えるのはリンゼイ・ダベンポートですね。理由は前哨戦で3勝と調子に乗っていて、現在のこっている中ではもっともパワーのある選手だからです。あくまで予想ですけどね。

■男子シングルス

男子はフェデラー VS アガシがテレビで見られると思います。フェデラーもアガシもここまでセットをほとんど落とさずに勝ち上がってきていますから、両方とも調子はよさそうですね。もしかしたらアガシが勝って、決勝戦はアガシ VS ロディックなんてこともあるかもしれません。この試合は絶対みたい1戦です!


→blogランキングの順位をチェック!

›September 07, 2004

エナン敗退!

Posted by darren at 02:16 PM / Category: pro / 0 Comments / 0 TrackBack
エナン・アーデン、世界1位陥落へ
浅越、4大大会初の8強入り

★USオープン2004ドロー

男子シングルス
女子シングルス
男子ダブルス
女子ダブルス

■女子シングルス注目の結果

・第1シードのジャスティン・エナン・アーデンが第14シードのナディア・ペトロワに敗退。
・ダベンポートがビーナス・ウィリアムスにストレートで勝利!
・浅越しのぶがベスト8進出!
・ディメンディエワがズボナレバに逆転勝利

エナンがここで負けちゃいましたか〜。オリンピックに続いての優勝を期待していたのですが残念です。
やはりベスト8にはロシア勢が3人も残ってきましたね。ロシアの層の厚さはおそるべしです。

浅越しのぶのベスト8はドローにめぐまれたとはいえすばらしい!次はビーナス・ウィリアムスをやぶった地元アメリカのリンゼイ・ダベンポートとの対決。ダベンポートのパワーに浅越はどういう作戦をたてているのでしょうか?

▼女子シングルスクオーターファイナル組み合わせ

ナディア・ペトロワ(ロシア) VS スベトラーナ・クズネツォワ(ロシア)
浅越しのぶ(日本) VS リンゼイ・ダベンポート(アメリカ)
ジェニファー・カプリアティー(アメリカ) VS セレナ・ウィリアムス(アメリカ)
エレナ・ディメンティエワ(ロシア) VS アメリー・モーレスモ(フランス)


→blogランキングの順位をチェック!

›September 05, 2004

シャワポワ敗退!

Posted by darren at 02:59 PM / Category: pro / 0 Comments / 1 TrackBack
★USオープン2004ドロー

男子シングルス
女子シングルス
男子ダブルス
女子ダブルス

浅越が全米16強入り、シャラポワは逆転負け
シャワポワが3回戦敗退

■女子シングルス3回戦注目の結果

・第9シードのスベトラーナ・クズネツォワが第21シードのエイミー・フレージャーをストレートで破る。
・ウインブルドン女王マリア・シャワポワが第27シードのメアリー・ピアスに逆転負け
・浅越しのぶが第13シードのパオラ・スアレスにストレート勝利!

シャラポワがここでダウンです。ピアスのプロフィールは

全豪オープン、全仏オープンでの優勝経験を持つピエルスは肩のけがで2000年シーズンを3カ月間離脱。続く01年シーズンも脊椎(せきつい)の炎症が原因でほとんどプレーできず、一時選手生命が危ぶまれていたが、度重なる試練を見事克服。17歳の若き新星シャラポワ相手に元世界ランク3位の意地を見せた。

てな感じで昔はすごくパワーテニスで強かった選手。最近のトーナメントでは上位進出が多かったので復調してきているのは感じていたのですがシャワポワにも勝っちゃいましたね。次のクズネツォワ戦も勝つかも。

浅越しのぶがやりました!スアレスに勝利!スアレスはダブルスの名手ですが、最近のグランドスラムでは続けてシングルスでベスト8に入っていました。今回はベスト8も狙える気がします。

さてさすがにベスト16まで来るとどれも好カードです!

■男子シングルス3回戦注目の結果

・フェデラーがサントロをストレートで下す
・第3シードのカルロス・モヤがオリバー・ロクスにフルセットで敗退
・パラドン・スリチャパンがドミニク・フルバティーにストレートで敗退
・ニコラス・キーファーがトーマス・ヨハンソンにストレート勝利
・ティム・ヘンマンがフルセットでタバラに勝利

男子の方はシードを食った選手が負けちゃったりしてますね。ヨハンソンはガウディオを食ってるし、タバラはアテネ銀メダリストのフィッシュを食って勝ち上がってきたのですが、ここで負けちゃいました。

男子シングルスのここまでの感想ですが、フルセットの試合がほんとに多い。フルセットでも勝てばいいのですが、その後の試合がきつくなりますからね。その点、フェデラーはかなり体力を残した試合運びが出来ています。全米もフェデラーがもっていってしまうのか!?
あ、でもアガシもいい感じで買ってきてますね。フェデラー VS アガシ見てみたい一戦です。


→blogランキングの順位をチェック!

›September 04, 2004

ハンチュコワ、ゴロビン敗退!

Posted by darren at 01:34 PM / Category: pro / 0 Comments / 0 TrackBack
★USオープン2004ドロー

男子シングルス
女子シングルス
男子ダブルス
女子ダブルス

■男子シングルスボトムハーフ2回戦注目の結果

・第8シードのデビッド・ナルバンディアンがミカエル・ヨーズニーにフルセットで敗れる
・トミー・ハースが第12シードのセバスチャン・グロージャンに勝利!
・第4シードのレイトン・ヒューイットはストレートでヒーシャム・アラジに勝利!
・第2シードのアンディー・ロディックがラファエル・ナダルをストレートで破る!
・第7シードのファン・カルロス・フェレーロがフルセットで敗退

ナルバンディアン負けちゃいましたか。。。去年の全米はロディックをあと少しのところまで追い詰めていただけに、今年も上位進出を期待していましたが残念。

ロディック VS ナダルは接戦になるかもって思ってましたが、もつれることなく退けたかたちになりましたね。ナダルはまだまだこれからなので今後も注目したい選手です。

フェレーロもフルセットで敗退。今年のフェレーロはケガや病気など体調が万全では無い様子です。来年の全豪に期待しましょう。

■女子シングルス3回戦注目の結果

・杉山愛がエレナ・コスタニックをストレートで破る
・ダニエラ・ハンチュコワはフルセットで惜しくもシュニーダーに敗退
・16歳のゴロビンはセレナ・ウィリアムスにストレートで敗退

杉山愛は次は地元アメリカのカプリアティーと対決。パワーテニスのカプリアティーに杉山の粘りはどこまで通用するでしょうか。

ハンチュコワは第3セット6−7で惜しくも敗退。でも復活の兆しはみせた感じでしょうか。

ゴロビンは5−7、4−6と健闘しましたが、今一歩およばず。今後に期待の選手です。


→blogランキングの順位をチェック!

›September 03, 2004

ミスキナ敗退!

Posted by darren at 06:48 PM / Category: pro / 0 Comments / 1 TrackBack
★USオープン2004ドロー

男子シングルス
女子シングルス
男子ダブルス
女子ダブルス

■男子シングルストップハーフ2回戦注目の結果

・アテネ金メダリストのニコラス・マスがフルセットで敗退
・全仏チャンピオンのガストン・ガウディオトーマス・ヨハンソンに敗退
・アテネ銀メダリストのマーディー・フィッシュが逆転負け

これでアテネのメダリストは全員まけてしまいました。フィッシュあたりはビッグサーバーですし、ハードコートと母国アメリカっていう強みもあったのでそこそこ勝つんじゃないかと思っていたのですがそうでもなかったですね。アテネの疲れがとりきれなかったのかも。


■女子シングルストップハーフ2回戦注目の結果

・全仏女王アナスタシア・ミスキナが同郷ロシアの17歳アンナ・チャコベターゼにストレートで敗退
・第27シードのメアリー・ピアスがルアノパスカルに勝利
・ウインブルドン女王のマリア・シャワポワはフルセットを征し3回戦へ
・浅越しのぶがアメリカのジル・クレイバスをストレートで下す。

ミスキナ負けちゃいましたか〜、相手は同じロシアで予選から勝ちあがってきなチャコベターゼです。ロシアはほんとに層が厚い。17歳もシャワポワだけじゃない!。

ピアスは最近調子いいですね。ベテラン選手ですが、次のシャワポワ戦はどちらが勝つかわかりませんよ!

シャワポワは1回戦に続いてフルセットでの勝利。スコアが6−0、6−7、6−1っていう波のある感じなのでまだちょっと不安定感があります。

3回戦の注目カードは

浅越しのぶ VS パオラ・スアレス
エレナ・ボビーナ VS リンゼイ・ダベンポート
マリア・シャワポワ VS メアリー・ピアス

ですかね。


→blogランキングの順位をチェック!

›September 02, 2004

ハンチュコワ勝利!

Posted by darren at 06:41 PM / Category: pro / 0 Comments / 1 TrackBack
★USオープン2004ドロー

男子シングルス
女子シングルス
男子ダブルス
女子ダブルス

■女子シングルス2回戦注目の結果

ダニエラ・ハンチュコワが第17シードでアテネオリンピック銅メダリストのアリシア・モリクにストレートで勝利!
・森上亜希子は第30シードで若干16歳のタチアナ・ゴロビンにストレートで敗退。
・第2シードのアメリー・モーレスモは逆転で3回戦進出

ハンチュコワが勝ちましたね〜。次はパティー・シュニーダーとの対決。実力的には勝てる可能性は十分にあると思います。次の試合にも期待です!

ボトムハーフ(下半分)の3回戦注目カードは
・ダニエラ・ハンチュコワ VS パティー・シュニーダー
・タチアナ・コロビン VS セリーナ・ウィリアムス
って感じですね。


→blogランキングの順位をチェック!

›September 01, 2004

全米オープン1回戦結果

Posted by darren at 06:22 PM / Category: pro / 0 Comments / 3 TrackBack
★USオープン2004ドロー

男子シングルス
女子シングルス
男子ダブルス
女子ダブルス

■男子シングルス一回戦注目の結果

・第1シードのフェデラーはコスタにストレート勝利
・キャロル・クチェラがゼイビア・マリッセにフルセットで勝利
・鈴木貴男はゴールドステインに敗退
・ティム・ヘンマンがフルセットの末、イボ・カルロビッチに勝利
・フェレーロがフルセットを征して一回戦突破!
・第13シードのマラト・サフィンがトーマス・エンクビストに一回戦敗退
・第2シードのアンディー・ロディックはストレートで勝利

2回戦注目カードは
第2シードのアンディー・ロディック VS 期待の若手レフティー ラファエル・ナダルですね。ナダルの大物食いはあるのか!?ちなみにナダルは今年のマイアミでフェデラーを倒しています。ロディックとナダルは初対戦。

■女子シングルス一回戦注目の結果

・第1シードのエナンは順当勝ち
・シャワポワはフルセットを征して2回戦進出
・浅越しのぶが第24シードのスマシュノワに逆転勝利!
・第32シードのショウネシーがバルトリーに敗退
・ハンチュコワは逆転勝利で2回戦進出
・森上亜希子が一回戦を突破

2回戦注目カードは
ダニエラ・ハンチュコワ VS アテネ銅メダリストのアリシア・モリク
タチアナ・ゴロビン VS 森上亜希子
メアリー・ピアス VS バージニア・ルアノ・パスカル

ってとこでしょうか。まだ好カードは少なめです。


→blogランキングの順位をチェック!

›August 26, 2004

USオープン2004ドロー発表!

Posted by darren at 10:07 AM / Category: pro / 0 Comments / 2 TrackBack
★USオープン2004シングルスドロー

男子シングルス
女子シングルス

昨日のシード発表に続いてドローも発表されました。

女子シングルスについてのプレビューですが
4つあるブロックの1番上から順番に見ていくと、
第1ブロックには第1シードにディフェンディングチャンピオンのエナン、そして1ブロックの一番下にウインブルドンチャンピオンのシャラポワがいます。エナン VS シャラポワの試合はぜひ実現してもらいたい一戦。シャラポワは3回戦で当たる同じロシアのクズネツォワ戦が重要なところでしょうか。ロシア同士の対決ではやや分がわるいイメージなので。

2ブロック目は一番上に全仏女王のミスキナ、一番下に前哨戦で調子の良いダベンポート、浅越しのぶは第24シードのスマシュノワと一回戦。小畑沙織の初戦の相手は決まっていませんが、2回戦ではビーナス・ウィリアムスと対戦になりそう。

3ブロック目は一番上はアメリカのジェニファー・カプリアティー、一番下にセリーナ・ウィリアムス、杉山愛は順当に勝てば3回戦でクロアチアのスプレムと対決。ダニエラ・ハンチュコワは2回戦でアテネ銅メダリストのアリシア・モリクと対戦になりそう。森上亜希子は2回戦で若手注目株のタチアナ・コロビンと対戦なるか!?

4ブロック目は全仏準優勝のディメンティエワ、一番下はアテネ銀メダルのモーレスモ、エレナ・ドキッチは第28シードのナタリー・デシーと一回戦。

女子シングルスはまーこんなもんでしょうか。

男子シングルスは始まったらまたおいおい(笑)


→blogランキングの順位をチェック!

›August 25, 2004

USオープン2004シード発表!

Posted by darren at 04:53 PM / Category: pro / 0 Comments / 0 TrackBack
■2004USオープン男女シングルスシード選手一覧
Women
1. Justine Henin-Hardenne, Belgium
2. Amelie Mauresmo, France
3. Serena Williams, United States
4. Anastasia Myskina, Russia
5. Lindsay Davenport, United States
6. Elena Dementieva, Russia
7. Maria Sharapova, Russia
8. Jennifer Capriati, United States
9. Svetlana Kuznetsova, Russia
10. Vera Zvonareva, Russia
11. Venus Williams, United States
12. Ai Sugiyama, Japan
13. Paola Suarez, Argentina
14. Nadia Petrova, Russia
15. Patty Schnyder, Switzerland
16. Francesca Schiavone, Italy
17. Alicia Molik, Australia
18. Karolina Sprem, Croatia
19. Silvia Farina Elia, Italy
20. Chanda Rubin, United States
21. Amy Frazier, United States
22. Magdalena Maleeva, Bulgaria
23. Fabiola Zuluaga, Colombia
24. Anna Smashnova-Pistolesi, Israel
25. Elena Likhovtseva, Russia
26. Elena Bovina, Russia
27. Mary Pierce, France
28. Nathalie Dechy, France
29. Eleni Daniilidou, Greece
30. Tatiana Golovin, France
31. Maria Vento-Kabchi, Venezuela
32. Meghann Shaughnessy, United States

Men
1. Roger Federer, Switzerland
2. Andy Roddick, United States
3. Carlos Moya, Spain
4. Lleyton Hewitt, Australia
5. Tim Henman, Great Britain
6. Andre Agassi, United States
7. Juan Carlos Ferrero, Spain
8. David Nalbandian, Argentina
9. Gaston Gaudio, Argentina
10. Nicolas Massu, Chile
11. Rainer Schuettler, Germany
12. Sebastien Grosjean, France
13. Marat Safin, Russia
14. Fernando Gonzalez, Chile
15. Paradorn Srichaphan, Thailand
16. Andrei Pavel, Romania
17. Juan Ignacio Chela, Argentina
18. Tommy Robredo, Spain
19. Nicolas Kiefer, Germany
20. Gustavo Kuerten, Brazil
21. Taylor Dent, United States
22. Dominik Hrbaty, Slovakia
23. Vince Spadea, United States
24. Ivan Ljubicic, Croatia
25. Jiri Novak, Czech Republic
26. Mardy Fish, United States
27. Mario Ancic, Croatia
28. Joachim Johansson, Sweden
29. Guillermo Canas, Argentina
30. Feliciano Lopez, Spain
31. Fabrice Santoro, France
32. Jonas Bjorkman, Sweden
USTAオフィシャルサイトより引用)

USオープン2004の男女シングルスシード選手が発表されました。

女子シングルス注目はオリンピック優勝で復活をアピールしたエナンが去年に続いてタイトルを取れるかでしょう。オリンピックでは全仏女王のミスキナを下しての金メダルでしたが、もう一人の女王マリア・シャラポワとの対戦はUSオープンで実現するでしょうか。さらにウイリアムス姉妹や他のロシア勢も強敵ぞろい。その中でエナンは勝ち抜けるのか!?

シャラポワは第7シード。杉山愛は第12シード。若手の注目株タチアナ・ゴロビンは第30シードに入っています。去年決勝を戦ったクリスターズはケガで欠場です。

男子シングルスはロディックの2連覇なるかが注目でしょう。ロディック、フェデラーともにオリンピックでは予想外の敗退となりましたが、このふたりが優勝候補であることにはかわりありません。母国アメリカというホームの利とビッグサーバーに有利とされるハードコートでロディックは2連覇を達成できるでしょうか!?

アテネ金メダリストのニコラス・マス(チリ)は第10シード、銀メダリストのマーディー・フィッシュ(USA)が第26シード、銅メダリストのフェルナンド・ゴンザレス(チリ)は第14シードに入っています。ギレルモ・コリアは欠場です。


→blogランキングの順位をチェック!

›August 23, 2004

女子エナン、男子マスが金メダル!

Posted by darren at 06:54 PM / Category: pro / 0 Comments / 0 TrackBack
■女子単はエナン・アーデンが「金」
■ウイルス性疾患から復活 女子単、エナンが金メダル


晴れやかな表情で、表彰台に上がった。テニス女子シングルスを制したエナン・アーデンは「四大大会の優勝とは違う気持ち。みんなが目指す理由が分かった」と、喜びをかみしめた。  昨年は四大大会で2勝。ことしはさらなる飛躍が期待された。しかし、1月の全豪オープンで優勝した後は、ウイルス性疾患に苦しみ続けた。強行出場した全仏オープンは2回戦で敗退。その後はウィンブルドン選手権を含めて長期欠場を強いられた。  迷った末、アテネ五輪を復帰戦に選んだ。「攻撃的にプレーできた」と振り返るように準決勝でミスキナ(ロシア)、決勝でモレスモと強敵を下す堂々の優勝。エーゲ海をイメージしたブルーのコートには、闘志あふれるいつもの姿があった。  試合中は「ベルギー、ベルギー」の歓声に励まされた。スタンドには同国出身のロゲ国際オリンピック委員会(IOC)会長の姿もあった。  初出場の五輪。国のためにプレーするのは特別だった。「子どものころは四大大会しか頭になかったけど、今は違う。素晴らしい気分」。新たなエネルギーも得た女王は、金メダルとともに復活した。

(Y!ニュースより)

・ウイルス性疾患で戦線を離れていたエナンがついに復活!全仏の女王ミスキナ、上位の常連モーレスモを倒しての金メダルなので、復活の証明としては十分でしょう!これで全米がおもしろくなりそうです!

★女子シングルス結果
金メダル:ジャスティン・エナン・アーデン(ベルギー)
銀メダル:アメリー・モーレスモ(フランス)
銅メダル:アリシア・モリク(オーストラリア)

■男子単はマスが優勝
テニスは22日、最終日の競技が行われ、男子シングルス決勝はニコラス・マス(チリ)がマーディ・フィッシュ(米国)をフルセットの末破り、前日のダブルスと合わせて2冠を獲得した。

■優勝者の略歴=男子シングルス・マス
ニコラス・マス(チリ=テニス男子シングルス)5歳でテニスを始め、97年にウィンブルドンと全米オープンのジュニアで優勝。プロ転向後ツアー通算4勝で、今年3月に自己最高の世界ランキング11位。クレーコートを得意とする。今大会はダブルスとの2冠を獲得。182センチ、80キロ。24歳。(Y!ニュースより)

男子シングルスはチリのニコラス・マスが優勝。第10シードの選手ですが、全然マークしていなかった。トーナメントでちらほら名前は見かけるのだけど、あまり上位進出しているイメージがなかった。でもジュニアで優勝してて、今期のランキングは11位まで上げてきていたんですね。上位選手が予想外に敗退するという幸運もあったかもしれないけど、今後も注目の選手です。ちなみに男子ダブルスも優勝して2冠達成です。

★男子シングルス結果
金メダル:ニコラス・マス(チリ)
銀メダル:マーディー・フィッシュ(アメリカ)
銅メダル:フェルナンド・ゴンザレス(チリ)



→blogランキングの順位をチェック!

›August 20, 2004

杉山愛シングルス敗退、複は勝利!

Posted by darren at 10:23 AM / Category: pro / 3 Comments / 1 TrackBack
■男子シングルス準々決勝結果
Taylor Dent (USA) d. Tomas Berdych (CZE) 64 61
(10) Nicolas Massu (CHI) d. (3) Carlos Moya (ESP) 62 75
Mardy Fish (USA) d. Mikhail Youzhny (RUS) 63 64
(16) Fernando Gonzalez (CHI) d. (8) Sebastien Grosjean (FRA) 62 26 64

■女子シングルス準々決勝結果
(1) Justine Henin-Hardenne (BEL) d. Mary Pierce (FRA) 64 64
(3) Anastasia Myskina (RUS) d. (11) Francesca Schiavone (ITA) 61 62
Alicia Molik (AUS) d. (8) Ai Sugiyama (JPN) 63 64
(2) Amelie Mauresmo (FRA) d. (5) Svetlana Kuznetsova (RUS) 76(5) 46 62

■関連記事
杉山が四強入り逃す
杉山組が初の四強入り
Navratilova, Raymond lose in doubles

■男子シングルス
・テイラー・デント(USA)がロジャー・フェデラー(SWE)を破ったトーマス・ベルディハ(CZE)にストレート勝ちし準決勝進出。

・第3シードのカルロス・モヤ(ESP)はニコラス・マシューに敗退

・マーディー・フィッシュがミカエル・ヨーズニーに勝利

・ロディックを破って波にのるゴンザレスがグロージャンをフルセットで下す。

準決勝の組み合わせは
テイラー・デント(USA) VS ニコラス・マシュー(CHI)
マーディー・フィッシュ(AUS) VS フェルナンド・ゴンザレス(CHI)

チリの選手がふたりも。。。この結果は予想できないなぁ。

■女子シングルス
・第1シードのエナンがビーナスを破って勝ちあがってきたピアスにストレート勝ち

・第3シードで今年の全仏覇者のミスキナ(RUS)がスキアボーネ(ITA)に快勝!

・杉山愛はアリシア・モリクにストレートで破れメダルへの夢は敗れる。浅越しのぶとのダブルスではナブラチロワ・レイモンド組を破ってメダル圏内へ。

・第2シードのアメリー・モーレスモ(FRA)がスベトラーナ・クズネツォワ(RUS)にフルセットで勝利!

準決勝の組み合わせは
ジャスティン・エナン・アルデンヌ(BEL) VS アナスタシア・ミスキナ(RUS)
アリシア・モリク(AUS) VS アメリー・モーレスモ(FRA)

エナンは全仏覇者のミスキナを破ってこそ復活をアピールできるところ。モーレスモは初のビッグタイトルが取れるかどうか。。。


→blogランキングの順位をチェック!

›August 19, 2004

ロディック敗れる!杉山単複8強

Posted by darren at 10:30 AM / Category: pro / 2 Comments / 1 TrackBack
■杉山は単複8強
テニスは18日、男女シングルス3回戦などを行い、女子第8シードの杉山愛(ワコール)が7−6、6−1でカロリナ・スプレム(クロアチア)を破って準々決勝に進んだ。  女子で前回覇者のビーナス・ウィリアムズ(米国)はマリー・ピエルス(フランス)にストレート負け。男子でも第2シードのアンディ・ロディック(米国)が敗れる波乱があった。  杉山は、浅越しのぶ(NEC)と組んだダブルスの2回戦でも勝ち、8強入り。森上亜希子、小畑沙織組(ミキハウス、ヨネックス)は2回戦で敗れた。(Y!ニュースより)
第4日目結果

Men’s Singles - third round Tomas Berdych (CZE) d. (15) Tommy Robredo (ESP) 76(2) 46 86
Taylor Dent (USA) d. Ivan Ljubicic (CRO) 64 64
(3) Carlos Moya (ESP) d. Ivo Karlovic (CRO) 46 76(3) 64
(10) Nicolas Massu (CHI) d. Igor Andreev (RUS) 63 67(4) 64
Mardy Fish (USA) d. Max Mirnyi (BLR) 63 46 61
Mikhail Youzhny (RUS) d. (14) Nicolas Kiefer (GER) 62 36 62
(8) Sebastien Grosjean (FRA) d. Feliciano Lopez (ESP) 67(4) 64 60
(16) Fernando Gonzalez (CHI) d. (2) Andy Roddick (USA) 64 64

Women’s Singles - third round
(1) Justine Henin-Hardenne (BEL) d. Nicole Pratt (AUS) 61 60
Mary Pierce (FRA) d. (6) Venus Williams (USA) 64 64
(3) Anastasia Myskina (RUS) v Eleni Daniilidou (GRE)
(11) Francesca Schiavone (ITA) d. Fabiola Zuluaga (COL) 67(5) 61 63
(8) Ai Sugiyama (JPN) d. (12) Karolina Sprem (CRO) 76(6) 61
Alicia Molik (AUS) d. Lisa Raymond (USA) 64 64
(5) Svetlana Kuznetsova (RUS) d. (10) Patty Schnyder (SUI) 63 63
(2) Amelie Mauresmo (FRA) d. (16) Chanda Rubin (USA) 63 61


・おっ、杉山愛がスプレム(CRO)勝ちましたっ!卓球の愛ちゃんは負けちゃったけどね。次のモリク(AUS)も勝てる可能性は十分にあるね。杉山は浅越しのぶとのダブルスでもスプレムに勝ってます。次はナブラチロワ・レイモンド組と対決。

・シドニー優勝のビーナス(USA)はメアリー・ピアス(FRA)に敗れる波乱。まさかピアスがここで来るとは。次はエナンとの対決。

・フェデラーが消えて、今大会はロディック(USA)がとると思っていたのだけど、なんとロディックも姿を消してしまった。相手のゴンザレス(CHI)は実力者なのでもちろん負ける可能性もあったのだけど、実際負けるとちょっと驚き。いやー波乱続きです。


→blogランキングの順位をチェック!

›August 18, 2004

フェデラー負けてる・・・

Posted by darren at 06:25 PM / Category: pro / 3 Comments / 0 TrackBack
■アテネオリンピックテニススケジュールト結果のページ
■男子シングルス
■女子シングルス
■男子ダブルス
■女子ダブルス
アテネオリンピック(テニス)テレビ放送予定・日程

お盆で実家にかえってたので、テニスの結果がチェックできていなかったのですが・・・
けっこう予想外の結果がたくさんありますね。一回戦からまとめてコメント。

女子から行くと、
・シドニーの銀メダリストであるディメンティエワ(RUS)が一回戦負け
・第9シードのナディア・ペトロワ(RUS)がメアリー・ピアスに敗退
・第15シードのマグラレバ・マリーバが地元ギリシャのダニリドゥ・エレニーに敗退
・ダニエラ・ハンチュコワはパティー・シュニーダーに逆転負け

男子は
・優勝候補のロジャー・フェデラー敗退
・ファン・カルロス・フェレーロがマーディー・フィッシュに敗退
・アラン・クレモンがイボ・カルロビッチに敗退
・ロディックがハースに競り勝つ
・マラト・サフィンが2回戦敗退

男子はぱっと見た感じロディック、フィッシュ、デント、カルロビッチとビッグサーバーが勝ってる印象がします。
女子はまあまあこんなもんかなぁ、大きな番狂わせはディメンディエワくらいかな。

杉山愛の次の相手スプレムは最近調子のいい選手なので、メダルへの最初の刺客になるでしょう。


→blogランキングの順位をチェック!

›August 13, 2004

アテネテニス、ドロー発表!

Posted by darren at 11:52 AM / Category: pro / 1 Comments / 1 TrackBack
■アテネオリンピックテニススケジュールト結果のページ
■男子シングルス
■女子シングルス
■男子ダブルス
■女子ダブルス

管理人的男子シングルス一回戦注目カードは
テイラー・デント(AUS) VS デビッド・ナルバンディアン(ARG)
カルロス・モヤ(ESP) VS トーマス・エンクビスト(SWE)
ミカエル・ヨーズニー(RUS) VS ゼイビア・マリッセ(BEL)
キャロル・クチェラ(SVK) VS マラト・サフィン(RUS)
マリオ・アンチッチ(CRO) VS トミー・ハース(GER)

女子シングルス一回戦注目カードは
ナディア・ペトロワ(RUS)VS マルチナ・スッハ(SVK)
フランチェスカ・スキアボーネ(ITA) VS 浅越しのぶ(JPN)
ナタリー・デシー(FRA) VS パオラ・スアレス(ARG)
コンチタ・マルチネス(ESP) VS アメリー・モーレスモ(FRA)

ってところでしょうか。一応もしかしたら予想を裏切るかもって基準で試合を選んでみました。


→blogランキングの順位をチェック!

›August 12, 2004

アテネ(テニス)のシード選手発表とテレビ放送予定

Posted by darren at 12:03 PM / Category: pro / 0 Comments / 0 TrackBack

アテネオリンピックテニスのシード選手が決まりました。

★Seeds for Tennis Event at Olympics Announced
■男子シングルス

1. ロジャー・フェデラー (スイス)
2. アンディー・ロディック (アメリカ)
3. カルロス・モヤ (スペイン)
4. ティム・ヘンマン (イギリス)
5. ファン・カルロス・フェレーロ (スペイン)
6. デビッド・ナルバンディアン (アルゼンチン)
7. ライナー・シュットラー (ドイツ)
8. セバスチャン・グロージャン (フランス)
9. マラト・サフィン (ロシア)
10. ニコラス・マシュー (チリ)
11. ファン・イグナシオ・チェラ (アルゼンチン)
12. パラドン・スリチャパン (タイ)
13. アンドレイ・パベル (ルーマニア)
14. ニコラス・キーファー (ドイツ)
15. トミー・ロブレド (スペイン)
16. フェルナンド・ゴンザレス (チリ)

■女子シングルス

1. ジャスティン・エナン・アルデンヌ (ベルギー)
2. アメリー・モーレスモ (フランス)
3. アナスタシア・ミスキナ (ロシア)
4. エレナ・ディメンティエワ (ロシア)
5. スベトラーナ・クズネツォワ (ロシア)
6. ビーナス・ウィリアムス (アメリカ)
7. パオラ・スアレス (アルゼンチン)
8. 杉山愛 (日本)
9. ナディア・ペトロワ (ロシア)
10. パティー・シュニーダー (スイス)
11. フランチェスカ スキアボーネ (イタリア)
12. カロリーナ・スプレム (クロアチア)
13. アンナ・スマシュノワ-ピストレーシ (イスラエル)
14. シルビア・ファリナ・エリア (イタリア)
15. マグダレバ・マリーバ (ブルガリア)
16. チャンダ・ルビン (アメリカ)

■男子ダブルス

1. Bob Bryan/Mike Bryan (USA)
2. Wayne Arthurs/Todd Woodbridge (AUS)
3. Michael Llodra/Fabrice Santoro (FRA)
4. Wayne Black/Kevin Ullyett (ZIM)
5. Mahesh Bhupathi/Leander Paes (IND)
6. Gaston Etlis/Martin Rodriguez (ARG)
7. Martin Damm/Cyril Suk (CZE)
8. Jonathan Erlich/Andy Ram (ISR)

■Women’s Doubles

1. Svetlana Kuznetsova/Elena Likhovtseva (RUS)
2. Conchita Martinez/Virginia Ruano Pascual (ESP)
3. Martina Navratilova/Lisa Raymond (USA)
4. Alicia Molik/Rennae Stubbs (AUS)
5. Shinobu Asagoe/Ai Sugiyama (JPN)
6. Myriam Casanova/Patty Schnyder (SUI)
7. Paola Suarez/Patricia Tarabini (ARG)
8. Li Ting/Sun Tian Tian (CHN)


これみて気づいたことが、ヒューイットいない!さっき発行したばっかりのメルマガにヒューイットもでますよね〜みたいなこと書いちゃってたよ。読者のみなさまごめんなさい〜(≧≦) ゴメンヨー。メルマガは前回のを出した直後に書き始めたので、出場選手が発表されたら訂正していく予定だったのだけど、忘れてた。気をつけますヾ(_ _。)ハンセイ…

アテネオリンピック(テニス)テレビ放送予定・日程

テニスは8月22日にメインの放送枠があるみたいですね。たのしみです!


→blogランキングの順位をチェック!

›August 09, 2004

アガシがひさしぶりに勝利!

Posted by darren at 03:01 PM / Category: pro / 3 Comments / 2 TrackBack
■アガシが優勝 男子テニスのシンシナティ大会
男子テニスのマスターズシリーズ、シンシナティ大会は8日、米オハイオ州シンシナティでシングルス決勝を行い、アンドレ・アガシ(米国)がレイトン・ヒューイット(オーストラリア)を6−3、3−6、6−2で下して優勝した。アガシは約1年4カ月ぶりの勝利で、ツアー通算59勝目。(Y!ニュースより)

アガシの優勝ひさびさですね、ヒューイットの決勝進出もひさびさだけど。ヒューイットは機動力が売りの選手だけど、それも効かないほどアガシは調子よかったみたいですね。

くわしい試合の内容は

Tennis &F1 Diary
電脳網庭球寺

を参照してください。

■ロジャース杯、モーレスモが今季V3
女子テニスのロジャース杯は8日、カナダ・モントリオールでシングルス決勝を行い、2002年大会優勝者で第2シードのアメリー・モーレスモ(フランス)が世界ランク39位のエレーナ・リホフツェワ(ロシア)を6―1、6―0のストレートで下し、今季3度目の優勝を飾った。  モーレスモは、前日の準決勝で全仏オープン優勝者のアナスタシア・ミスキナ(ロシア)との激闘で疲れが残るリホフツェワをわずか51分間で料理。強力なサーブを武器に、一方的な試合展開で勝利を手にした。( Y!ニュースより)

ロジャースカップの方はモーレスモが優勝ですか。リホツェワがミスキナに勝ったってのは驚きだったのですが、それで体力を使い果たしちゃったんですね。やっぱロシア勢のライバルはロシア選手なんだなぁと思います。モーレスモはパワーがあるのはいいけど、ここ一番で弱気になったりすることがあるので、USオープンでは強気に行ってもらいたいものです。


→blogランキングの順位をチェック!

›August 06, 2004

シャラポワ、ズボナレバに敗退!

Posted by darren at 04:35 PM / Category: pro / 2 Comments / 1 TrackBack
Sharapova loses; Mauresmo, Capriati, Myskina win
ロジャースカップホームページ
ロジャースカップドロー
Wimbledon champion Maria Sharapova was eliminated from the Rogers Cup on Thursday, losing 4-6, 6-4, 6-4 to Vera Zvonareva.

Sharapova was outworked in the duel between baseline hitters, losing for the second time in two tournaments to a fellow Russian since her Wimbledon triumph.

ロジャースカップのベスト8が決まりました。

ウインブルドンを制覇した後のシャラポワは2大会続けて同郷ロシアのミスキナズボナレバに敗退という結果になりました。ロジャースカップでのズボナレバとの試合は6−4、4−6,4−6というスコアなのでかなり接戦ではあったみたいですね。シャワポワは「すべてに勝つことはできないのだから、負けることだってある。帰ってUSオープンに向けてトレーニングするわ」とコメントしています。USオープンでのシャラポワのライバルは他国の選手よりも同じロシアの選手なのかもしれません。ズボナレバは次は16歳のタチアナ・ゴロビンとの対決です。


→blogランキングの順位をチェック!

›August 02, 2004

ダベンポートがアキュラを制す!

Posted by darren at 12:34 PM / Category: pro / 0 Comments / 0 TrackBack
■アキュラクラシック、ダベンポートがハードコート3連勝
女子テニスのアキュラクラシックは1日、当地でシングルス決勝を行い、第4シードのリンゼイ・ダベンポート(米国)が第3シードのアナスタシア・ミスキナ(ロシア)を6―1、6―1のストレートで下し、優勝した。  ダベンポートはシングルス14連勝、ハードコート大会3連勝。

シャラポワとのグランドスラムクイーン対決を制したミスキナでしたが、最近調子のいいダベンポートにはおよびませんでした。ウインブルドンではあまり調子のよくなかったダベンポートですが、全米に向けてハードでの調整はかなりうまくいっているようです。


→blogランキングの順位をチェック!

フェデラーが今期8勝目!

Posted by darren at 12:33 PM / Category: pro / 0 Comments / 0 TrackBack
■マスターズ・カナダ、フェデラーが今季8勝目
男子テニスのマスターズシリーズ、カナダ大会は1日、当地で決勝を行い、世界ランク1位で第1シードのロジャー・フェデラー(スイス)が7―5、6―3で第2シードのアンディ・ロディック(米国)を下し、今季8度目の優勝を飾った。  先月行われたウィンブルドン選手権決勝と同じ顔合わせとなったこの日の試合は、主導権を握るフェデラーが90分間以内にロディックにストレート勝ちし、対戦成績を7勝1敗に伸ばした。 (Y!ニュースより)

フェデラー VS ロディックはまたもフェデラーに軍配があがりましたか。。。フェデラーは決勝進出したときの勝率がかなり高いし、どっかで「決勝に出たら勝たなきゃ意味がない」みたいなことをコメントしていた気がします。しかしフェデラーはロディックに対して7勝1敗とはもはやカモ状態ですね。もちろんフェデラーが強いってのはあるのですが、ロディックも作戦次第では勝てるはずなのにこの結果。これでオリンピックでも負けちゃうと、全米もフェデラーにもっていかれる可能性が。。。でもホームの利って要素がありましたね。オリンピック、全米どうなるでしょうか。


→blogランキングの順位をチェック!

›July 30, 2004

アキュラ・クラシック、ベスト8が出そろう!

Posted by darren at 08:12 PM / Category: pro / 0 Comments / 1 TrackBack
■アキュラ・クラシック、杉山がベスト8進出
■アキュラ・クラシックドロー(PDF)
女子テニスのアキュラクラシックは29日、当地でシングルス3回戦を行い、第9シードの杉山愛はマリオン・バルトリ(フランス)を6―3、6―2で下し、ベスト8入りした。  第3シードのアナスタシア・ミスキナ、第5シードのエレーナ・デメンティエワ、第6シードのマリア・シャラポワのロシア勢のほか、第4シードのリンゼイ・ダベンポート(米国)も準々決勝進出を決めた。(Y!ニュースより)

アキュラ・クラシックのベスト8が出揃いました。杉山もベスト8に進出です!ベスト8の組み合わせは

セリーナ・ウィリアムス VS ヴェラ・ズボナレバ

アナスタシア・ミスキナ VS マリア・シャラポワ

杉山愛 VS リンゼイ・ダベンポート

エレナ・ディメンティエワ VS エイミー・フレージャー

ズボナレバは同じくロシアのクズネツォワを破って、第一シードのセリーナとの対決。全仏優勝のミスキナはウインブルドン優勝のシャラポワと今年のグランドスラムチャンピオン対決。杉山愛は先週のJPモルガン・チェースオープンを制して波に乗るダベンポートとの対戦。ディメンティエワは同じくロシアのリホツェワに勝ってベスト4をかけてベテランのアメリカのエイミーフレージャーと対決。

杉山も気になりますが、注目はなんと言ってもミスキナ VS シャラポワのチャンピオン対決でしょうか。全仏の決勝ではミスキナはディメンティエワの強打のフォアを封じるためにボールをバックにひたすら集めていました。シャラポワの弱点も知っているはずだし、徹底的にそこを攻められたらきついかも。


→blogランキングの順位をチェック!

›July 29, 2004

シャラポワのNewモデルラケットは本物かな?

Posted by darren at 01:10 PM / Category: pro / 2 Comments / 0 TrackBack
丁稚さんのところで知ったのですが、シャラポワのラケットがニューモデルになったとか。ターボ・シャークというなかなか攻撃力ありそうなネーミングのラケットです。

前のモデルのモア・アタックですが、どっかの掲示板ではペイントだけモア・アタックで中身は以前から使用しているT.Tハーネットじゃないかみたいな議論がされていました。どう見てもモア構造の特徴である2つのフレームを合わせたようには見えないとか。うちのサイトで紹介しているプロモデルはATPやWTAの公式プロフィールから引用しているので、ペイントまでは考慮できておりません。てか調べるの無理です。あと日本で買えるモデルを紹介しています。

販売促進のために見た目だけ最新モデルにするってのはよくあることらしいです。メーカーぐるみでやってるのなら見た目は完璧に再現できますし。まぎらわしいですねぇ。まあそこまで気にしてもほんとのところをつきとめるのは至難の業なので、同じモデルをもってるってことで満足していいとおもいます。もちろんテニスもうまくなってほしいですけどね。


→blogランキングの順位をチェック!

›July 26, 2004

JPモルガン、ダベンポート優勝!

Posted by darren at 07:24 PM / Category: pro / 0 Comments / 0 TrackBack
■JPモルガン、ダベンポート優勝
■JPモルガン・チェース・オープンドロー(PDF)
女子テニスのJPモルガン・チェースオープンは25日、当地で女子シングルス決勝を行い、第3シードのリンゼイ・ダベンポートが第1シードのセリーナ・ウィリアムズ(ともに米国)を6―1、6―3で下し、優勝した。

リンゼイ・ダベンポートがウィリアムス姉妹を破って優勝!ダベンポートの武器は深いストロークなのですが、今回の大会ではそのストロークが冴えて、ベースラインから主導権をにぎれたことが勝因のようです。ドローを見てみるとベスト8にディメンティエワ、ズボナレバ、ペトロワ、クズネツォワと半分をロシア勢が占めています。やはりロシアの層の厚さは健在ですね。次の全米ではディフェンディングチャンピオンのジャスティン・エナン・アルデンヌとベルギーNo2のキム・クリスターズが出場予定ですのでどんな大会になるのか楽しみです!


→blogランキングの順位をチェック!

›July 21, 2004

エナン・アーデンは回復傾向に・・

Posted by darren at 01:07 PM / Category: pro / 0 Comments / 0 TrackBack
■エナン・アーデン、体調が回復基調に
女子テニスの世界ランキング1位、ジュスティーヌ・エナン・アーデン(ベルギー)は20日、自身の公式ウェブサイトで、ここ数カ月患ってきたウイルス性疾患から回復しつつあることを明らかにした。  カルロス・ロドリゲス・コーチもエナン・アーデンの体調について、「健康状態は良い方向に向かっている」と述べたものの、ウイルス性疾患の見通しについては明言を避けた。(Y!ニュースより)

アテネオリンピック、全米オープンをひかえてエナンの体調は回復しつつあるとのこと。でもエナンの病み上がりの戦績は最近あまりよくない印象があるので回復基調とは言っても試合結果がついてくるかどうかは微妙なところ。エナンは大型化のすすむ女子テニスにおいて、体格的に不利なのに努力と根性で勝ち上がってくるところがいいですね。

エナンの勝利への執着はその過去の経験も影響しているようです

12歳の時に母親をなくし、プロになってからは、 賞金目当ての兄弟にたかられ、16歳で家族と縁を切ったエナン。 その自立心の高さからか、勝利への執着心は有名で、 審判に食ってかかったり、劣勢になると タイムを長くとり、相手のリズムを崩したりする

ということらしく、他の選手や観客からは冷ややかな目で見られているとか。

しかし、冷徹で意地悪そうにみえるエナンですが、
実は、恵まれない子供たちへの慈善活動などを積極的に行っているのです。
スポコンさんより引用)

まあタイムを長くとったりとか、靴ひもを結んで時間を稼いだりとかするのは良くあることだし、それで調子を崩すのならそれまでの相手とも言えます。テニスの試合はメンタルの駆け引きでもあるし、勝利への執着がなければグランドスラムのチャンピオンになることなんて出来ないはず。


→blogランキングの順位をチェック!

›July 15, 2004

アテネオリンピック出場選手決定!

Posted by darren at 05:35 PM / Category: pro / 2 Comments / 0 TrackBack
丁稚さんところで知ったのですがテニスアテネ五輪出場選手が内定したそうです。
アテネオリンピック出場選手内定

出場予定選手でだれんの注目するのは・・・

★男子シングルス
ギレルモ・コリア、ガストン・ガウディオ、ゼイビア・マリッセ、マリオ・アンチッチ、セバスチャン・グロージャン、トミー・ロブレド、ロジャー・フェデラー、パラドン・スリチャパン、アンディー・ロディック

★女子シングルス
ジャスティン・エナン・アルデンヌ、アメリー・モーレスモ、杉山愛、アナスタシア・ミスキナ、ナディア・ペトロワ、パティー・シュニーダー、ジェニファー・カプリアティー、ビーナス・ウィリアムス、セリーナ・ウィリアムス
ってところでしょうか、おっとダニエラ・ハンチュコワもね。

男子はフェデラーが有力ですが、ハードコートならロディックに有利かもしれません。プロ選手では直後に全米オープンが控えているためオリンピックをパスする選手も多かったですが、(あと昔はオリンピックはポイントが付かなかったために出場しない選手が多かった。アトランタからATPポイントの対象となりました)今回はけっこう上位選手が参加するようですね。面白くなりそうです。

女子はエナンは復活できるのかが注目です。でも全米オープンではタイトル防衛がかかっているのでオリンピックはパスした方がよかったんじゃないかなぁとも思います。ウィリアムス姉妹はオリンピックに特別の思い入れがあるようなので、どこまで調子を上げてくるかが注目ですね。


→blogランキングの順位をチェック!

›July 14, 2004

テニスのドリームチームを作れ!

Posted by darren at 12:21 PM / Category: pro / 0 Comments / 0 TrackBack
■ATPマネージャーゲーム
ルール
In the ATP Fantasy European Adventure 2004 you manage your own team based on the Top 150 players of the INDESIT ATP 2003 end year Race. You will receive $20,000,000 to purchase the players of your choice. The participant who, at the end of the season, has the highest number of points will be crowned ATP Fantasy Tennis European Adventure Manager of the Year and will receive the first prize.

Before you start participating in the ATP Fantasy Tennis European Adventure, you must read the rules thoroughly and accept the Terms and Conditions.

男子テニスのドリームチームを作るならあなたなら誰をえらぶ?
2千万ドルを元手に選手と契約し、契約した選手がATPの試合で稼いだポイントがあなたのチームのポイントとなる。当然実力の高い選手ほど契約金は高くなる。シーズンを通してポイントをより多く稼いだチームが勝ち。

選手の契約金一覧

優勝商品は来年のマスターズ・モンテカルロの観戦(飛行機・宿泊・観戦チケット含む)権。2位はカリブで一週間のバカンス。3位〜12位はLottoのバッグやカレンダーがもらえる。参加費は15ドル。

管理人なら・・・
ロジャー・フェデラー :300万ドル
ギレルモ・コリア :240万ドル
アンディー・ロディック :290万ドル
デビッド・ナルバンディアン:240万ドル
レイトン・ヒューイット:220万ドル
トミー・ロブレド:210万ドル
ゼイビア・マリッセ:160万ドル
マラト・サフィン:170万ドル
マリオ・アンチッチ:135万ドル
フェルナンド・ベダスコ:25万ドル
合計:2000万ドル

って感じでしょうか。でもフェデラーひとり雇うのと30万ドルの選手を10人雇うのにかかるお金は一緒だから、ゲームに勝つということを意識すると安い選手をたくさん雇うのも作戦かも。

あなたならどんなチームを作る?


→blogランキングの順位をチェック!

›July 10, 2004

全米オープン賞金UP!

Posted by darren at 11:59 AM / Category: pro / 2 Comments / 0 TrackBack
■全米オープンの賞金UP!
テニス4大大会の最終戦、全米オープンの主催者は8日、今年度から優勝賞金が男女とも最大150万ドル(約1億6000万円)になると発表した。先のウィンブルドン選手権では男子シングルス優勝のロジャー・フェデラー(スイス)は60万2500ポンド(約1億2000万円)、女子優勝のマリア・シャラポワ(ロシア)は56万500ポンドを手にした。

グランドスラムの賞金ってプロテニス観ない人はいくらぐらいかたぶん知らないと思うけど、シングルスで優勝すれば大体1億円ちょっともらえます。この前のシャラポワもそのくらい(上記参照)。あと優勝じゃなくてもそこそこもらえます。ちなみに杉山愛の賞金総額は去年の時点で3億円くらいだったらしいので、今年の活躍でもうちょっといってるでしょう。プロテニス選手って活躍してた人がだんだんおとろえてくるともうダメだみたいに言われるけれど、引退しても一生暮らせるくらいの蓄えは余裕で持ってるのです。

全米オープンは8月30日からスタートです!ロディックの2連覇、エナンの復活は観られるのか!?
全米オープン公式ホームページ


→blogランキングの順位をチェック!

›July 07, 2004

シャラポワとテニスした!?

Posted by darren at 09:22 PM / Category: pro / 0 Comments / 0 TrackBack

■マリア・シャラポワゆかりの人物がこんなところに・・

たぶんうちのブログを最初にブログリストに入れてくれたであろうICCI.CCの管理人いちぞうさんが昔シャラポワとテニスをしたことがあるそうです!世の中狭いなぁ〜。。。でもいいな〜いいな〜←ただのミーハーになってしまった(笑)

■マリア・シャラポワ バイオグラフィー
4歳で父親の指導でテニスを始めたシャラポワは6歳のとき、モスクワで行われたイベントでナブラチロワに認められる。翌年、家族とマイアミに渡ったが、両親がビザの不備を理由に入国を拒否され、9歳で再会するまで、米国で一人頑張ったエピソードを持つ。

 名門テニスアカデミーでは上級生のイジメにも耐え抜き、01年にプロ転向。昨年はウィンブルドンでベスト16入り。AIGジャパンオープンでツアー初優勝を飾った。
■エキサイトニュースより

シャラポワも苦労してきてるんだなぁ。でもつらくてもあきらめないで努力し続けることが大切なんだってことをあらためて感じる。シャラポワがウインブルドン優勝したときに、見た目のきれいさも手伝って光の部分だけが注目されるけど、強い光を放つものにはそれだけ強い影の部分が存在するってことをわすれちゃいけない。


→blogランキングの順位をチェック!

›July 05, 2004

ウインブルドンファイナル!:新女王シャラポワ・2連覇フェデラー!

Posted by darren at 03:42 PM / Category: pro / 5 Comments / 1 TrackBack
ウインブルドン公式ページ
Yahoo!ニュース テニス
NHKウインブルドンオンライン

■女子シングルス決勝
★マリア・シャラポワがストレートでセリーナを下し初優勝!
若干17歳のマリア・シャラポワが3連覇を狙うセリーナ・ウィリアムスを6−1、6−4のストレートでやぶりグランドスラム初優勝を決めた!シャラポワは試合中はあれだけ冷静だったのに優勝した瞬間、すわりこんで両手で顔をおおってたのが17歳の女の子ってかんじ。携帯でお母さんに連絡しようとしてたけどつながらなかったみたい。 17歳2ヶ月のシャラポワがウインブルドンで優勝!これは以前の女王マルチナ・ヒンギスに続く若さでの優勝。

決勝までの勝ち上がりを見る限りでは、シャラポワはゲームの最初は本調子じゃなくて、ゲームがすすんでくると気持ちがのってくるタイプなので、調子があがってないうちにセリーナが攻めてくると苦しいかなと予想していた。 でも実際には最初から全力でスタートできていて、逆にセリーナの方が思うようにボールが打てなくて苦しんでいた。そのまま集中力を切らさなかったシャラポワが押し切ったって感じ。

シャラポワは去年のジャパンオープンの優勝からまだ1年もたってないのにこんなに成長するとはおどろき。ことしもまた日本にくるのが楽しみだな。

シャラポワおめでとー!

■男子シングルス決勝
★フェデラーがロディックを破り2連覇を達成!
ディフェンディングチャンピオンのロジャー・フェデラーが第2シードのアンディー・ロディックをセットカウント3−1で破り、ウインブルドン2連覇を達成した。

第1セットはロディックのビッグサーブ、ネットプレー、ビッグフォアハンドが冴えてロディックが先取。フェデラーもロディックのフルスイングフォアハンドに打ち負けている感じだった。しかし第2セットに入ってすこしずつタイミングも合ってきて、ビッグサーブもなんとかブロックリターンやスライスで返せるようになっていった。もちろんそれでもロディックのサーブ、ストロークは強力でなんどもフェデラーを追い詰めていた。しかしロディックはチャンスボールを決めきれず、結果的には粘ったフェデラーのポイントになってしまっていた。フェデラーの勝因としてはピンチにになっても焦らず、チャンスにはきっちりと決められていたところだろう。つまりどんなときでも自分のプレーのできるメンタル面の強さがフェデラーの一番の勝因だと言える。さらにはサーブにしろ、ストロークにしろいろいろな攻め方を組み合わせていて、ロディックに狙いを定めさせなかったという戦略もすばらしかった。ロディックはビッグサーブを生かしてもっとネットにつめていけば勝機はあったとおもうけど、今後の課題ってところでしょうか。


→blogランキングの順位をチェック!

›July 03, 2004

ウインブルドン12日目:女子シングルス決勝!

Posted by darren at 07:16 PM / Category: pro / 0 Comments / 0 TrackBack
男子シングルスドロー
女子シングルスドロー
Yahoo!ニュース テニス
NHKウインブルドンオンライン
■テレビ放送予定:7/4日NHK総合 00:40-(02:30)女子シングルス決勝
 セレナ・ウィリアムズ(アメリカ) VS マリア・シャラポワ(ロシア)

■女子シングルス決勝
★今夜10時頂上決戦!セリーナ・ウィリアムス VS マリア・シャラポワ!
ウインブルドンの女子決勝戦が今日行われます!大会3連覇を狙う第1シードのセリーナ・ウィリアムス VS 若干17歳でグランドスラム優勝をめざすマリア・シャラポワの対決!

去年とおととしはセリーナ VS 姉のビーナス・ウィリアムスの対戦で、内輪で戦ってるのがちょっとつまらなかったのだけど、今年は女王セリーナにシャラポワが挑戦するってかたちなので観戦しがいがあるなぁ。シャラポワは昔NECのノートパソコンのCMに出演していたのでテニスを知らない人でもみたことあるかも。 現在シャラポワで検索してくる人がダントツに多いです!またシャラポワファンが増えてしまいましたか・・・。あなたも今夜10時5分からテレビの前にぜったいいられるように今のうちに用事は片付けておこう!もしかしたら男子準決勝が先に放送されるかも。あなたはもうビデオ・DVDの準備できましたか?

■男子シングルス準決勝
★ロジャー・フェデラー VS セバスチャン・グロージャン(雨で中断中)
第1シードで2連覇を狙うロジャー・フェデラー VS 第10シードのセバスチャン・グロージャンの男子セミファイナル(準決勝)はフェデラーが6−2、6−3で2セットを先取し、第3セットはフェデラーリードの4−3で雨天中止(Rain Suspended)となった。

今大会のフェデラーは調子がいいとは聞いていたけれどまさかあれほど強いとは・・・、まさにサンプラスの意思を受け継ぐ2代目ミスター・パーフェクトと言っていいでしょう。グロージャンの攻めは決して悪くないのに、それを正確無比なコントロールでカウンターショットを打ち、ときにはグロージャンの決め球にも喰らい付く粘り強さも見せる。いったいグロージャンはどんな攻めをしたらフェデラーを崩せるのか?今大会のフェデラーにもはや敵はいないのかも。対抗できるとすればロディックかなぁ。


→blogランキングの順位をチェック!

›July 02, 2004

ウインブルドン10日目レビュー:シャラポワが逆転勝利!

Posted by darren at 12:43 PM / Category: pro / 0 Comments / 1 TrackBack
今日の対戦カード一覧
男子シングルスドロー
女子シングルスドロー
Yahoo!ニュース テニス
NHKウインブルドンオンライン
■テレビ放送予定:7/3日 NHK総合 01:45-(04:30)男子シングルス準決勝
 ロジャー・フェデラー(スイス VS セバスチャン・グロージャン(フランス)

■女子シングルス
★シャラポワがダベンポートに逆転勝利!
シャラポワすごい!まさか勝つとは。。。第1セット。第2セット前半ではお互い強打を持ち味にしているけどダベンポートの方が深く、かつ伸びのあるボールを打っていたので、もうこのまま押し切られてしまうかと思ったけど、第2セット後半からの集中力がすごかった。第2セットをタイブレークでとると、第3セットは6−1でとってグランドスラム初の決勝進出。シャラポワは後半からテンションあげてくるみたいだなぁ。つぎはセレナ・ウィリアムスとの対戦だけど、フルセットにもつれ込めばシャラポワにも十分勝つ可能性はある!

全然関係ないけど、シャラポワは審判台に背を向けてすわってますね。コートの方向いてると相手の選手が気になっちゃったりするから、自分なりの集中力を乱さない方法なのかも。このマイペースさがシャラポワの強さでもある気がする。

★セレナがモーレスモをフルセットの末破る!
第1シードで3連覇を狙うセレナ・ウィリアムスが第4シードのアメリー・モーレスモに逆転勝ちし決勝進出を決めた。



→blogランキングの順位をチェック!

›June 30, 2004

ウインブルドン9日目:ヘンマン敗退!

Posted by darren at 11:50 PM / Category: pro / 0 Comments / 0 TrackBack
今日の対戦カード一覧
男子シングルスドロー
女子シングルスドロー
Yahoo!ニュース テニス
NHKウインブルドンオンライン
■テレビ放送予定:7/2日NHK総合 01:00-(04:00) 女子シングルス準決勝
   リンゼイ・ダベンポート(アメリカ) VS マリア・シャラポワ(ロシア)

■男子シングルス
マリオ・アンチッチティム・ヘンマンにストレートで勝利!
第5シードで地元期待のティム・ヘンマンがノーシードから勝ち上がったマリオ・アンチッチに7−6、6−4、6−2のストレートで敗れた。

アンチッチは身長196cmの長身から繰り出されるビッグサーブを武器としている選手。昨日もサービスゲームで0−30と負けていた状態でも、そこからエースを連発してキープに成功していた。でもアンチッチのすごいのはサーブだけじゃない。一般的に大型選手はショットは強力だけど、ミスも多い。しかしアンチッチはネットプレーでもヒザがよく曲がっているし、ストロークでの凡ミスもかなり少ない。クロアチア出身ってことで引退したイワニセビッチに変わってウインブルドンを盛り上げてくれる存在になりそうだ!

★ロディックがストレートでシャルケンに勝利!
第2シードのアンディー・ロディックが第12シードのシェン・シャルケンにストレートで勝利しベスト4進出を果たした。この試合のロディックのファーストサーブの平均速度は132マイル/h、1マイルは約1.6kmなので時速211.2km/h。さらに最高は146マイル/h、つまり233.6km/hになる。ロディックのビッグサーブは絶好調のようす、次はアンチッチとビッグサーバー同士の対決だ!

★フェデラーがヒューイットを退ける!
第1シードで2連覇を狙うロジャー・フェデラーがおととしの覇者レイトン・ヒューイットをセットカウント3−1で破り、ベスト4進出を決めた。

■女子シングルス
★モーレスモがスアレスをフルセットで下す!
第4シードのアメリー・モーレスモが第9シードのパオラ・スアレスを6−0、5−7、6−1のフルセットの末破りベスト4進出を決めた。次は3連覇を狙う第1シードのセリーナ・ウィリアムスと対戦!

★セリーナ・ウィリアムスがジェニファー・カプリアティーをストレートで破る!
第1シードのセリーナ・ウィリアムスが第7シードのジェニファー・カプリアティーを6−1、6−1のストレートで破り、3連覇に向けて勢いをつけた。次は第4シードのアメリー・モーレスモと対戦!

★本日シャラポワが再びテレビ放送登場です!


→blogランキングの順位をチェック!

ウインブルドン8日目レビュー

Posted by darren at 12:20 AM / Category: pro / 3 Comments / 1 TrackBack
今日の対戦カード一覧
男子シングルスドロー
女子シングルスドロー
Yahoo!ニュース テニス
NHKウインブルドンオンライン
■テレビ放送予定:7/1日NHK総合 01:05-(4:28:30)
 男子シングルス準々決勝 ティム・ヘンマン(イギリス) VS マリオ・アンチッチ(クロアチア)

■女子シングルス
シャラポワが逆転で杉山愛を破りベスト4進出!
女子シングルス準々決勝 杉山愛 VS マリア・シャラポワの対決はシャラポワが5−7、7−5、6−1のフルセットの末杉山を破り、グランドスラム初のベスト4進出を決めた。第一セットはゲームカウント5−5から杉山がシャラポワのサーブをブレークし、次のサービスキープで先取した。第2セットは逆にシャラポワが6−5から杉山のサーブをブレークしものにした。最終セットはゲームカウント2−1でシャラポワリードから、そのまま1ゲームも落とさずゲームカウント6−1でシャラポワが取りゲームセットとなった。杉山にとってはグランドスラム初のベスト4を狙うチャンスだったが、惜しくもやぶれた。シャラポワは決勝進出をかけて第5シードのリンゼイ・ダベンポートと準決勝を戦う。

シャラポワはかまえられればフォアもバックも強力なショットを打てるんだけど、ちょっとタイミングが遅れると手打ちになっちゃうのでアンフォーストエラー(凡ミス)を連発していた。アンフォーストエラーの数はなんと41本!、対する杉山は15本。シャラポワがこんなにたくさんのミスをしながら勝てたのは、ミスは多かったけどウィナー(攻撃によるポイント)も多かった(シャラポワ44本、杉山13本)のと、サービスゲームをほとんど落とさなかったってところかなぁ。3セット目はシャラポワはかなり気分がのってきてて、1・2セット目とは見違えるように強力なショットを連発して、サーブも自身もって打てていました。あーなるともう杉山の手には負えない感じ。シャラポワはまだ17歳かぁ・・メンタル面で強くなって、あとつなぎ球を覚えればグランドスラム上位の常連になるだろうなぁ。今後も注目の選手です!


→blogランキングの順位をチェック!

›June 29, 2004

ウインブルドン7日目レビュー+8日目プレビュー

Posted by darren at 02:51 PM / Category: pro / 4 Comments / 0 TrackBack
今日の対戦カード一覧
男子シングルスドロー
女子シングルスドロー
Yahoo!ニュース テニス
■テレビ放送時間:6月30日(水)1:05〜4:00 NHK総合 Gコード(87684740)
 女子シングルス準々決勝:杉山愛(日本) VS マリア・シャラポワ(ロシア)
NHKウインブルドンオンライン

■女子シングルス
杉山愛がベスト8進出!
昨日の放送カードでした。第1セットはいい調子で取れたけれど、第2セットはゲームカウント2−4で負けていた状態から巻き返しての勝利でした。杉山選手はいろいろ考えて試合してるなぁって感じでしたね。基本的にはベースラインでの打ち合いだったのだけど、途中からネットに出だしてタナスガーンを揺さぶっていました。一番の勝因は粘り強く打ち合ってストローク戦を制したところだったと思います。あんだけ粘られると相手もたまったもんじゃないでしょう。次はシャラポワとの対決です。今晩の放送カードです。あなたはもうビデオセットしましたか?

タチアナ・ゴロビンがベスト8をかけてセリーナと対決!
ドローが発表されたときに一番上の山で注目選手としてあげていたタチアナ・ゴロビンがベスト16まであがってきました。なんかWTAの写真はいまいちなのでウインブルドンの写真も載せときます。ゴロビンは若干16歳で、今年の全豪女子シングルスで4回戦まで進出。そのときはドローにめぐまれたとか言われていましたが、ウインブルドンでも勝ちあがってきたことで実力の片鱗をみせたと言えるでしょう。全仏オープンミックスダブルスではリチャード・ガスケとのペアで優勝もしている、次世代を担う若手選手です。今回はセリーナが勝つだろうけど、これからの活躍がたのしみな選手です!

■男子シングルス
★伏兵マリオ・アンチッチベスト8進出!
一回戦で本来第4シードのデビッド・ナルバンディアンと対戦予定(ナルバンディアンは欠場)だったクロアチアのマリオ・アンチッチがベスト8まで勝ち上がってきました!マリオ・アンチッチはウインブルドンジュニアで準優勝した経験のある若手選手です。長身から繰り出されるビッグサーブを武器としています。次はフィリポーシスを破ったティム・ヘンマンとの対決。観客はヘンマンの味方をするだろうけど、ダークホースとしてがんばってもらいたいですね。

★フェデラー、ロディック、ヒューイット、ヘンマン、グロージャンがベスト8進出
この辺は順当に勝ってきた感じです。フェデラー VS ヒューイットは去年の覇者 VS おととしの覇者の対決。フェデラーにとっては正念場ですね。でもヒューイットのファイターっぷりも観たい!

★★ロディックとシャルケンの裏エピソード
ベスト4をかけて対決する第2シードのアンディ・ロディックと第12シードのシェン・シャルケンには意外なエピソードがあったらしい。2ヶ月前のイタリアン・オープンでホテルに泊まっていたときに火事が起こったそうなのだけど、そのときにシャルケンはバルコニーから下の階に泊まっていたロディックの部屋のバルコニーに避難し、ロディックがシャルケンを助けてあげたとのこと。この経験が勝負になにか影響をおよぼすのだろうか・・まー関係ないだろうけどね


→blogランキングの順位をチェック!

›June 26, 2004

ウインブルドン5日目レビュー

Posted by darren at 12:31 PM / Category: pro / 2 Comments / 0 TrackBack
今日の対戦カード一覧
男子シングルスドロー
女子シングルスドロー
Yahoo!ニュース テニス
■テレビ放送時間:6月27日(日)1:15〜4:00 NHK総合 Gコード(64302398)
 男子シングルス3回戦:ロジャー・フェデラー(スイス) VS トーマス・ヨハンソン(スウェーデン)
NHKウインブルドンオンライン


■男子シングルス
★ゴラン・イワニセビッチ敗退!引退!
2001年の覇者ゴラン・イワニセビッチと2002年覇者レイトン・ヒューイットの元王者対決はヒューイットがストレートで勝利!ゴランは大会前に今大会での引退を表明しており、この敗退で選手生活にピリオドを打つこととなった。ゴランは左利きから繰り出されるクイックビッグサーブでウインブルドンで活躍。気性が荒かったのでどちらかといえばちょっとヒール(悪者)的存在のときもあったけれど、時には観客に感動を与えてくれた。2001年の決勝戦はまさに歴史に残る一戦だった。ゴラン!感動をありがとう!

★コリア、フェレーロ敗退!
第6シードのファン・カルロス・フェレーロがロビー・ジーネプリにストレートで敗れる波乱があった。さらに第3シードで全仏準優勝のギレルモ・コリアもノーシードのフロリアン・マイヤーにセットカウント3−1で敗れた。


■女子シングルス
★全仏覇者ミスキナ消える!
2004年全仏優勝で第2シードのアナスタシア・ミスキナが第31シードのエイミー・フレージャーにフルセットで敗れた。エイミー・フレージャーは1990年にプロ入りしたベテランだが、グランドスラムに毎回顔を出すもののここ5年のデータでは3回戦が最高の選手。公式サイトの英語を読む限り、決定的に何が悪かったってこともないようす。フレージャーがベテラン意地を見せたってところでしょうか。”アイスドール”ミスキナ3回戦敗退!

★美女対決はシャラポワがストレート勝利!
ダニエラ・ハンチュコワ VS マリア・シャラポワのテニス界のアイドル対決はシャラポワがストレートで勝利!東レパンパシフィックでのリベンジとなった。管理人はハンチュコワびいきだったのでちょっと残念だけど、シャラポワもそろそろグランドスラム上位進出してもいいころ、ドローからしてベスト4も夢じゃない!

ウインブルドンも中盤に差し掛かって、これからますます面白い試合が目白押しです!有力選手が敗退する中、勝ち抜くのはいったい誰なのか!ますます目がはなせないっ!


→blogランキングの順位をチェック!

›June 25, 2004

ウインブルドン4日目レビュー+プレビュー

Posted by darren at 02:02 PM / Category: pro / 2 Comments / 2 TrackBack
今日の対戦カード一覧
男子シングルスドロー
女子シングルスドロー
Yahoo!ニュース テニス
■テレビ放送時間:6月26日(土)2:15〜4:30 NHK総合 Gコード(46167336)
 女子シングルス3回戦:杉山 愛(日本) VS マリオン・バルトリ(フランス)
NHKウインブルドンオンライン

■女子シングルス
★ビーナス・ウィリアムス2回戦で姿を消す!
2000年・2001年ウインブルドンの覇者ビーナス・ウィリアムスが2回戦で敗退。向かうところ敵なしだったビーナスも最近不調です。

★リサ・レイモンドが浅越しのぶをストレートで下す!
昨日の放送カードです。リサ・レイモンドはダブルスの第一人者ということでネットプレーがすばらしかった。とくにサービスライン付近でのボールさばきは感動ものでした。浅越選手もショット自体は悪くなかったと思うけど、ショート気味のボールが多くて、ネットでのボレー対決ではレイモンドの方が一枚上手だった感じでした。残念!

★ハンチュコワ VS シャラポワ対戦決定!
今年2月の東レパンパシフィックオープンでの対戦カードがウインブルドン3回戦で再現される。東レパンパシフィックではハンチュコワの勝利だったが、ウインブルドンでは果たして!?ハンチュコワは東レの時よりは明らかに調子はいい感じなので、今回もハンチュコワの勝ちかな??もちろんシャラポワも変わってるとはおもうけど。。。NHKさん放送したら数字とれますよ(^^;


■男子シングルス
★ゴラン・イワニセビッチ VS レイトン・ヒューイット 元王者対決!
2002年のウインブルドン覇者レイトン・ヒューイットと2001年の覇者ゴラン・イワニセビッチが3回戦で対決する。1・2回戦をストレートで勝ちあがったヒューイットと2回戦をフルセットを制したイワニセビッチ、果たして軍配はどちらにあがるでしょうか!?注目の一戦です!


→blogランキングの順位をチェック!

›June 24, 2004

ウインブルドン3日目は雨天で全面中止!

Posted by darren at 11:53 AM / Category: pro / 3 Comments / 1 TrackBack
今日の対戦カード一覧
男子シングルスドロー
女子シングルスドロー
Yahoo!ニュース テニス
■テレビ放送時間:6月25日(金)0:15〜3:00 NHK総合 Gコード(42311293)
 女子シングルス1回戦:浅越 しのぶ(日本) 対 リサ レイモンド(アメリカ)

■女子シングルス
ダニエラ・ハンチュコワ3回戦へ進出!
ウインブルドン3日目は雨のため全試合中止となりました。そのため放送予定だった浅越しのぶ選手の試合がなくなり、代わりに1回戦のダニエラ・ハンチュコワ VS サマンサ・リーブスの試合が放送されました。

去年はプライベートの問題やマスコミの過剰な反応などから調子を崩していたハンチュコワだけど、前哨戦のヘイスティング・ダイレクト国際での準優勝、そしてこの1回戦の試合を観ている限りかなり調子はあがってきている様子。リーブスとの試合ではフォア・バック共にフラット系ののびのあるショットがコート深くに入っていてすごく自身にあふれている様子だった。2回戦はエレナ・ボビーナとの対戦予定だったのだけど、ボビーナの棄権で3回戦進出が決まった。

ハンチュコワのフォームは非常にきれいでくせもほとんどないので昨日ビデオ・DVDにとった人は何度も見てお手本にしよう!最近はテレビ録画の出来るPCも出てきているので編集して保存するのもいいかも。ウェアはタイトな白のワンピースで見ているこっちが照れるくらいきれいでした。見逃した人は残念!

呼び方は管理人的にはハンチュコワなのだけど、NHKではハンツコーワになっていたし、ハンチュコバになっている場合も多い。英語読みとかフランス語読みとかで微妙に変わるんだけど、ほんとはどれなんだろう?


→blogランキングの順位をチェック!

›June 23, 2004

ウインブルドン2日目レビュー

Posted by darren at 12:09 PM / Category: pro / 0 Comments / 1 TrackBack
今日の対戦カード一覧
男子シングルスドロー
女子シングルスドロー
Yahoo!ニュース テニス
■テレビ放送時間:6月24日(木)0:15〜3:00 NHK総合 Gコード(42344521)
NHKウインブルドンオンライン

ウインブルドン2日目の注目の結果
※( )内はシード番号

■女子シングルス
★パティー・シュニーダー(15)が森上亜希子をストレートで破る
2004年の全豪オープンベスト4進出のパティー・シュニーダーが森上を6−4,6−1のストレートで破り2会戦進出を決めた。

昨日の放送カードでしたね。シュニーダーは現在25歳でもうグランドスラムには7年くらい出場しているベテラン選手です。今年の全豪で初のベスト4を取って自身をつけたようで、すべてのショットを自身もって振り切れていました。さらに左利きということでアドバンテージサイドでの外に逃げていくスライス気味のサーブがガンガン決まっていました。森上選手も第一セットは健闘していましたが、第一セットのマッチポイントで微妙な判定があり、テンションが下がってしまったようでした。第2セットはシュニーダーが本調子を出してきたことも合わさって、そのまま押し切られた感じになってしまいました。

★スベトラーナ・クズネツォワ(8)、エレナ・エディメンティエワ(6)が一回戦敗退!
今大会はロシア勢の活躍がカギになると思っていたのだけど、いきなり2人負けちゃいました。ディメンティエワはこのまえの全仏オープン準優勝、クズネツォワは上位進出ではなかったものの優勝したミスキナと対戦しマッチポイントまで追い詰めた実力者だったのだけど両方とも1回戦敗退。。。それでもまだロシア勢はたくさんのこってます。

■男子シングルス
★マラト・サフィン(19)がストレート負け
サフィンが一回戦で敗退してしまった。。。

★ゼイビア・マリッセがジル・ノバク(16)をストレートで破る!
管理人注目のマリッセがシードを破って2回戦進出です!


→blogランキングの順位をチェック!

›June 22, 2004

ウインブルドン1日目レビュー

Posted by darren at 12:52 PM / Category: pro / 0 Comments / 1 TrackBack
今日の対戦カード一覧
男子シングルスドロー
女子シングルスドロー
Yahoo!ニュース テニス
■テレビ放送時間:6月23日(水)0:15〜3:00 NHK総合 Gコード(42384149)

なんか昨日のNHKは放送予定が変わってましたね。時間になってもテニスが始まらなかった。。。

昨日の注目カードはイワニセビッチとカルロビッチが勝ちでした。イワニセビッチは2001年のウインブルドン優勝者で左利きのビッグサーバーとして知られる選手。今大会で現役引退を表明しています。スリチャパンはタイ出身の選手で最近グランドスラムでも活躍し始めているアジア期待の選手だったのですが、負けちゃいましたね。(訂正版)

ざっと結果をみたところではとくに番狂わせはなかったみたいですね。杉山愛がフルセットにもつれ込んでちょっと危なかったけどなんとか勝利!小畑沙織も勝ちました。


→blogランキングの順位をチェック!

›June 21, 2004

ウインブルドン2004開幕!

Posted by darren at 01:42 PM / Category: pro / 0 Comments / 0 TrackBack
今日の対戦カード一覧
男子シングルスドロー
女子シングルスドロー
■テレビ放送時間:6月22日(火)0:15〜3:00 NHK総合 Gコード(42480377)

今日からウインブルドン開幕です!男子は第4シードのデビッド・ナルバンディアンが欠場となってしまい非常に残念ですが、男子は実力が競り合っていて有力選手の中で誰が勝ってもおかしくないので、観て面白い試合が目白押しなことには変わりありません!あなたはもうビデオのセット完了しましたか?それとも眠れぬ夜を過ごしますか?(笑)

1回戦ということでまだ注目カードはあまりないのですが、人気だけど早く負けてしまう(悲)選手が見られるかもしれないので要チェックです!ハンチュコワとかドキッチとかね(笑)。

あえて真面目に注目カードをあげるなら、

ミカエル・ヨーズニー VS ゴラン・イワニセビッチ
イボ・カルロビッチ VS パラドン・スリチャパン
ってところでしょうか。。。

女子は前哨戦でロシア勢の優勝が目立ってますね。ロシアンファイナルの可能性も大いにあります。

今晩からウインブルドン始まりです!


→blogランキングの順位をチェック!

›June 18, 2004

ウインブルドン2004ドロー発表!

Posted by darren at 02:28 PM / Category: pro / 6 Comments / 0 TrackBack
男子シングルスドロー
女子シングルスドロー

6月21日からスタートするウインブルドンのドロー(組み合わせ)が発表されました。有力選手がどのへんに入ってるのかトーナメントの上から順にざっと見てみます。

▼Mens singles
■第1セクション
第1シードは優勝候補のロジャー・フェデラーです。そのほかにはシードでは第13シードのパラドン・スリチャパン、第9シードのカルロス・モヤ、第19シードのマラト・サフィン、7シードのレイトン・ヒューイットが注目どころ。招待枠のゴラン・イワニセビッチもいます。順当にいけばベスト4をかけてフェデラー VS ヒューイットになるのかな。ヒューイットは一昨年のウインブルドンの覇者、今期は調子がいいようなのでベスト8まであがってくる可能性は大でしょう!

■第2セクション
第3シードは全仏おしくも準優勝のギレルモコリア、第6シードにファン・カルロス・フェレーロ、第10シードのセバスチャン・グロージャン、第14シードのマーディー・フィッシュが注目どころ。あと第2セクションの上から4番目のウエイン・アーサーズもビッグサーバーとして知られる選手、コリアとの対決はどうなるかな?グロージャンはウインブルドンとは相性のいい選手なのでどこまで勝ち上がってくるか楽しみです!

■第3セクション
来ました!第5シードはティム・ヘンマン、地元出身のアドバンテージをいかしてがんばってもらいましょう!
他には第4シードにデビッド・ナルバンディアンがいます、ナルバンディアンはおととしの準優勝選手で、この前の全仏でもベスト4と最近調子を上げてきているので管理人はかなり注目しています。しかし1回戦のマリオ・アンチッチは少々手強い選手なので出鼻をくじかれないか心配・・。第11シードにマーク・フィリポーシス。フィリポーシスもビッグサーバーでニックネームは”スカッド(スカッドミサイルって意味)”と呼ばれています。フィリポーシスは最近調子悪いのであんまり登場しませんが、去年のウインブルドン準優勝なのです!あとは・・第32シードのヒーシャム・アラジ、第20シードのトミー・ロブレド、ノーシードではゼイビア・マリッセ、トミー・ハースってところでしょうか。

■第4セクション
第2シードは最速サーバーのアンディ・ロディック。フェデラーVSロディックは決勝戦までお預けです。ロディックVSナルバンディアンも実現すれば面白い試合になるでしょう!このセクションはロディック以外に注目どころは管理人的にはあまりいないのですが、あえて挙げるとすればアレキサンダー・ポップとテイラー・デントかなぁ。この2人もビッグサーバーなのでどこまでくるか注目ではあります。

男子はそんなかんじで。。また細かいところはおいおい。


▼Ladies Singles
■第1セクション
第1シードはセリーナ・ウィリアムス、全力を出せばもちろん優勝候補ですが、ウインブルドンでは高いパフォーマンスを出せるでしょうか・・。第7シードのジェニファー・カプリアティがここに入っています。ベスト4をかけてセリーナと対決になるか!?他には第10シードのナディア・ペトロワ、第15シードのパティー・シュニーダー、ノーシードのタチアナ・ガルビンあたりに注目です。

■第2セクション
第4シードにおととしのセミファイナリスト、アメリー・モーレスモ。第8シードにスベトラーナ・クズネツォワ、クズネツォワ(打ちにくい・・)は全仏オープンで優勝したミスキナ相手に唯一マッチポイントを握った選手、ウインブルドンでも期待は大!第9シードに全仏ベスト4のパオラ・スアレス、ウインブルドンではどうかな?あとは浅越しのぶが第26シードのリサ・レイモンドと対戦。

■第3セクション
第5シードにリンゼイ・ダベンポート、最近の大会で大きな活躍はないものの、ウインブルドンは上位の常連だ。第3シードにビーナス・ウィリアムス、ウィリアムス姉妹の調子がこの大会を左右するといっても過言ではないでしょう!

■第4セクション
第2シードに全仏優勝のアナスタシア・ミスキナ、第6シードに準優勝のエレナ・ディメンティエワが入っています。ベスト4進出をかけて全仏決勝の再現となるでしょうか!?第11シードに杉山愛、けっこういいブロックに入ったのでは?ベスト4も狙えるかも??第13シードにマリア・シャワポワ、ダニエラ・ハンチュコワもこのブロックにいますが、テレビで見られるでしょうか?

女子はロシア勢VSウィリアムス姉妹って感じでしょうか。それにしてもロシアは層が厚いですね。


→blogランキングの順位をチェック!

›June 14, 2004

フェデラー、ロディック共に前哨戦で優勝!

Posted by darren at 06:36 PM / Category: pro / 3 Comments / 0 TrackBack
ゲリー・ウェバーOP、フェデラーが2連覇
ステラアルトワ選手権、ロディックが2連覇
ATPホームページ
ウインブルドンホームページ

男子テニスの4大大会ウィンブルドンの前哨戦、ステラアルトワ選手権は13日、当地でシングルス決勝を行い、第1シードのアンディ・ロディック(米国)が第5シードのセバスチャン・グロジャン(フランス)を下し、大会2連覇を飾った。またゲリー・ウェバー・オープンは13日、当地でシングルス決勝を行い、第1シードのロジャー・フェデラー(スイス)が大会2連覇を飾った。世界ランク1位のフェデラーは、第6シードで世界ランク23位のマーディ・フィッシュ(米国)に6―0、6―3のストレート勝利。芝コートでのシングルス戦連勝記録を17に伸ばした(yahooニュースより)

いよいよウインブルドンまであと1週間と迫りました。優勝候補No1はやはり昨年の覇者ロジャー・フェデラーだろうなぁ。そしてその対抗の筆頭がプロテニス界最速サーバーのアンディー・ロディック。どちらもウインブルドン前哨戦で優勝し、芝のコートの感触はつかめている様子。フェデラーは芝で17連勝中、そして前哨戦の決勝戦で倒した相手がマーディー・フィッシュってところが管理人としてはかなり注目するところ。フィッシュはロディックと同じくビッグサーバーとして知られる選手、それをまったく寄せ付けず勝ったということはビッグサーブはフェデラー相手にはあまり有効ではないってこと。去年のウインブルドン準決勝でフェデラーVSロディックの対戦があったけれど、フェデラーのストレート勝ちだった。フェデラーのビッグサーブに対する対策はブロックリターン。無理してたたきに行かず、とにかくラケットに当てて相手コートに返し相手のミスを誘うって作戦だった。だからロディックがビッグサーブを活かすにはノータッチエースをねらっていくか、返ってきたボールを決めに行くしかない。さらにフェデラーはビッグサーブではないけれど、センターとワイドのサーブの打ち分けをしっかりやってくる選手なので意外にサーブポイントは多いのだ。ウインブルドンでフェデラーVSロディックは実現するだろうか。。。


→blogランキングの順位をチェック!

›June 10, 2004

ステラアルトワ選手権、ヘンマン初戦敗退!

Posted by darren at 05:56 PM / Category: pro / 0 Comments / 0 TrackBack
ヘンマン、ウィンブルドン前哨戦で優勝宣言(yahooニュース)
ステラアルトワ選手権、ヘンマンが初戦敗退(yahooニュース)

6月21日から開催されるウインブルドンの前哨戦、ステラアルトワ選手権で第4シードのティム・ヘンマンが1回戦で敗れる波乱があった。

ティム・ヘンマンについて解説。イングランド、オックスフォード出身。1974年9月6日生まれ、185cm・77圈バックハンド片手打ち。プレースタイルはサーブアンドボレー。膝を深く曲げるサーブが印象的。先ごろ行われた全仏オープンではサーブアンドボレーヤーには不利とされるサーフェスながらセミファイナルまで進出した。地元イングランド出身ということでウインブルドンでは観客から絶大な支持を受けているが、まだウインブルドンタイトルには手が届いていない。

つい二日ほど前に「ステラアルトワ選手権で優勝を狙っている」なんてコメントしてたから、かなり気合入ってるなぁ〜と思ってたら、なんと初戦敗退。。。めずらしく全仏で勝ち残ったから疲れが残ってたのかなぁ。ヘンマンももうだいぶ歳だし、ウインブルドン優勝狙えるのも今回が最後かもしれないから是非勝ち上がって来てもらいたいところ。


→blogランキングの順位をチェック!

›June 09, 2004

ベルギー2トップがウインブルドン欠場

Posted by darren at 12:54 PM / Category: pro / 0 Comments / 0 TrackBack

Yahooニュース・テニス
ウインブルドンホームページ


■エナンとクリスターズがウインブルドン欠場を表明

ベルギーの2トップが相次いで6月21日からスタートする4大大会第3戦のウインブルドン欠場を表明した。今年初めの全豪オープンを制したエナンはその後ウイルス性疾患により戦線離脱しており、全仏オープンでの復活を試みたが体調は回復せず2回戦で敗退していた。その後も依然として体調が十分ではないようで今回のウインブルドンも欠場することを決定した。一方のクリスターズも全仏オープン前に手首のケガをして全仏を欠場していたが、ケガの回復は思わしくなくウインブルドンを欠場、さらには9月の全米オープンも欠場する可能性も示唆している。

エナンは全仏で不完全燃焼だっただけにウインブルドンでの活躍を期待していたのだけれど、出場できなくて残念。ゆっくり休養をとって全米オープンには復活してきてほしいなぁ。クリスターズもグランドスラムタイトルは取れそうで取れていないからほんとは出場したいだろうけど、ケガが悪化すると選手生命にも関わってくるので今年はしっかりケガを治すことに専念した方がいいのかも。


→blogランキングの順位をチェック!

›June 07, 2004

全仏2004ドラマティック フィナーレ!!

Posted by darren at 01:48 PM / Category: pro / 0 Comments / 0 TrackBack

男子シングルスドロー
女子シングルスドロー
Yahooニュース・テニス

■ガウディオがフルセットでコリアを下し初優勝!

ノーシードから勝ち上がったガストン・ガウディオが第3シードのギレルモ・コリアをセットカウント0-6 3-6 6-4 6-1 8-6のフルセットの末下しグランドスラム初優勝を決めた。

この決勝戦はドラマティックだった。第1・2セットはガウディオは緊張から体の硬さがとれず全く自分のプレーができていなかった。コリアはきっちりガウディオの正面にボールを返しているだけで、ガウディオが自らミスをしてくれた。

第3セット目に入っても最初のゲームをブレークされ、このままガウディオはストレートで自分のプレーができずに終わるのかと誰もが思ったはず。コーチにアドバイスを受けることができれば流れを変えられたかもしれない。しかし今はそれはできない。こんなときローランギャロスの観客たちはどうすれば面白い試合が観られるのかよく知っている。「私たちはそんな試合を観に来たんじゃない、最高のプレーを見せてくれガウディオ」と言わんばかりに会場にはガウディオコールが起こった。

その声援を受けてガウディオのプレーは息を吹き返した。ブレークされてもブレークバックし、自分の得意のバックハンドがしっかり振り切れるようになった。ガウディオが第3セットを取り、第4セットに入るとコリアが足を痙攣させて今度はコリアの方が自分のプレーが出来なくなった。マッサージを受けたが痙攣は治まらなかった。ためが作れないためにサーブを思い切って打つことが出来ない、入れるのがやっとのサーブだった。さらにトップスピンも十分にかけられなくなり、コリアはなすすべなく第4セットを6−1で失った。

ファイナルセットに入ってコリアはセットに入る前に受けたマッサージや水分補給の効果もあって少し痙攣は治まったようだった。しかし今度はガウディオの方にプレッシャーがかかって来た。当たり前のことをすれば勝てるのに、それを意識しすぎてまた自分のリズムを崩してしまいダブルフォールトをしてしまう。コリアも痙攣はましになったがサーブではやはり思い切って打つことが出来ない。ガウディオの不調が続く中、なんとか粘るコリアはマッチポイントを2度迎えたもののそれをものにすることが出来ず、最後はガウディオが粘り勝つ形で優勝をきめた。

この試合たとえコリアが痙攣を起こしていなくてもフルセットになったかもしれない。第3セットで息を吹き返したガウディオのプレーはすばらしかった。コリアは去年のセミファイナルに続き、予期せぬ出来事でまたもや全仏制覇の夢を絶たれてしまった。クレーコート31連勝のコリアも痛みには耐えられなかった。しかし、まだまだチャンスはある。来年の全仏もおもしろくなりそうだ。


■ミスキナがディメンティエワを破り初優勝!

女子シングルス決勝戦はアナスタシア・ミスキナが同郷のエレナ・ディメンティエワをストレートで破りグランドスラム初優勝を決めた。ミスキナは終始自分のプレーが出来ていたし、ディメンティエワのバックハンドのボールを集め得意のフォアハンドを打つ機会を全く与えなかった。さらにディメンティエワはグランドスラム決勝のプレッシャーからかサーブミスを連発し自滅する形でミスキナの勝利となった。

ミスキナの冷静さはすばらしかった。でもちょっとクールすぎて感動ない感じもした。ディメンティエワも準決勝までのプレーが出来ていれば接戦だったはず、サーブとメンタル面での強化が今後の課題だ。サーブが自身もって打てるとプレーも自信もてると思うし。


→blogランキングの順位をチェック!

›June 04, 2004

ロシアンレボリューション!

Posted by darren at 08:19 PM / Category: pro / 0 Comments / 0 TrackBack

男子シングルスドロー
女子シングルスドロー
Yahooニュース・テニス
地上波放送予定
WOWOW放送予定

■ロシアンレボリューション in Paris
女子シングルス準決勝が行われ、ロシアのエレナ・ディメンティエワがパオラ・スアレスに、同じくロシアのアナスタシア・ミスキナがジェニファー・カプリアティーを破りグランドスラム史上初のロシアンファイナルを実現した。

ディメンティエワVSスアレスの第二セットはゲームカウント5−4でスアレスのサーブ。スアレスにも第ニセットを取るチャンスはあった。しかしダブルフォルトとディメンティエワの強力なバックハンドで5−5とされ、そのまま押し切られた。

「第二セットの始め彼女は調子がよかった。でもパーフェクトを目指そうとがんばったし、勝ちにこだわった。(ディメンティエワ)」

「彼女は私が攻めなくてもたくさんのミスをしたわ。私のプランは彼女を走らせることだった。あとは自分のプレーをしただけ。決勝はどちらが勝つかは問題じゃないわ。ロシアがトロフィーを取ることが決まったのよ!(ミスキナ)」

どっちが勝っても初優勝、土曜の夜は必見だ!


■裏注目カード
裏で注目していたのはミックスダブルスのハンチュコワだったのだけどベスト4で敗退。もう一つの裏注目は同じくミックスブルスの18歳のリチャード・ガスケと16歳のタチアナ・ガルビンのペアが決勝まで勝ちあがってきたこと。この2人はシングルスでも注目されている将来有望株。シングルスで上位進出する日もちかいか。。。

男子セミファイナルも誰が勝っても初優勝。クレーコートでは圧倒的な強さを見せるコリアにヘンマンは勝機を見出せるのか?またナルバンディアンVSガウディオの同郷対決も注目どころ。ナルバンディアンのクレバーなドロップショットとガウディオの強力なバックハンドの対決はどちらが勝つのか?ふと思ったけど、ナルバンディアンのプレースタイルはテニスの王子様の手塚国光に似てるかも、完璧な組み立てと天才的なドロップショットってところが。。。


→blogランキングの順位をチェック!

›June 03, 2004

全仏2004 10日目レビュー

Posted by darren at 05:41 PM / Category: pro / 0 Comments / 0 TrackBack

男子シングルスドロー
女子シングルスドロー
Yahooニュース・テニス
地上波放送予定
WOWOW放送予定

■ナルバンディアンがグガをストレートで下す!
第8シードのデビッド・ナルバンディアンが過去3度の全仏優勝しているグスタボ・クエルテンにセットカウント3−1で勝利し、フレンチオープン初のベスト4進出を決めた。セットカウント1−2で迎えた4セット目はゲームカウント5−2でリードし、クエルテン有利だった。しかしナルバンディアンは動揺することなく自分のプレーをし、タイブレークを制した。「ケガの痛みはあった、でもそれはあまり重要じゃない。それでもいいレベルでプレーできたと思う。彼のプレーが素晴らしかった、何をするべきかよく分かっていたよ(クエルテン)」「観客はグガの味方だ。だから自分は目の前のことに集中して、それ以外のことは気にしないようにしたんだ(ナルバンディアン)」。ナルバンディアンの最強の武器は精神的な強さだった。

■ガウディオがヒューイットにストレート勝ち!
ノーシードから勝ち上がったガストン・ガウディオが第12シードで過去に2度のグランドスラムを制しているレイトン・ヒューイットをストレートで破り準決勝進出を決めた。「彼のシングルバンクハンドは素晴らしかった。またディフェンスもよくて、僕は攻撃するチャンスをほとんどもらえなかったよ(ヒューイット)」。ガウディオのバックハンドはテニス雑誌にもよく登場していて非常にきれいなフォームなので初心者でシングルバックハンド打ちたい人は是非参考に!あとかなりかっこいいので女性ファンは必見です!

今日は女子シングルスのセミファイナル、決勝カードは果たしてどうなる!?


→blogランキングの順位をチェック!

›June 02, 2004

全仏2004 9日目レビュー

Posted by darren at 01:02 PM / Category: pro / 0 Comments / 0 TrackBack

男子シングルスドロー
女子シングルスドロー
Yahooニュース・テニス
地上波放送予定
WOWOW放送予定

9日目トピック

MENS
■コリアがモヤにストレート勝利!
第3シードのギレルモ・コリアが第5シードのカルロス・モヤをストレートで破りベスト4進出を決めた。「今日はすべてがパーフェクトだった」とコリアはコメントしているが、第1・2セットはいずれもゲームカウント5−4でモヤのサーブだった。しかしモヤのファーストサーブが乱れ、結果的にコリアのストレート勝ちとなった。

■伏兵ヘンマンがベスト4進出!
第9シードのティム・ヘンマンが第22シードのユアン・イグナシオ・チェラをストレートで下し初の全仏ベスト4に進出した。ヘンマンのプレースタイルはサーブアンドボレー、サーブアンドボレーヤーが全仏のベスト4に進出したのは1997年のパトリック・ラフター以来だ。「僕がベスト4に来るなんて、だれも予想しなかっただろ?」と笑いながらコメントしていた。

WOMENS
■スアレスがシャラポワを退ける!
第14シードのパオラ・スアレスが第18シードのマリア・シャラポワをストレートで破りベスト4進出を決めた。スアレスはダブルスの第一人者として知られているが、この全仏ではシングルスでも大活躍!全仏がオープン化されて以来初のベスト4進出のアルゼンチン選手となった。「私はダブルスで何度も決勝進出し、センターコートに立ってきた。彼女はちょっと緊張していたみたいね、経験の差よ。」とコメントしている。若干17歳のシャラポワ、必要なのは経験だ。

■ディメンティエワ快進撃!
第9シードのエレナ・ディメンティエワが第3シードで地元期待のアメリー・モーレスモをストレートで破り全仏オープン初のベスト4進出を決めた。ディメンティエワは27本のウィナーを放ち、モーレスモを圧倒、2度の雨による中断でのイライラも克服し勝利をおさめた。モーレスモは思わぬ伏兵にまたもグランドスラム優勝の夢を阻まれてしまった。ディメンティエワはプレーのときの顔はこわいけど、普段はとっても美人です。

■ミスキナがビーナスを破る!
第6シードのアナスタシア・ミスキナ(ロシア)が第4シードのビーナス・ウィリアムスをストレートで破り初のグランドスラムセミファイナル進出を決めた。ビーナスは「いつも通りなら負けなかったわ、でも今日はリズムが崩れていて、思うように動けなかった。。」とコメント。3週間前に痛めた足首のケガも影響しているのかもしれない。
もしかしたらロシアンファイナルになるのか!?

■カプリアティーがセリーナをフルセットで破る!
第7シードのジェニファー・カプリアティーが第2シードのセリーナ・ウィリアムスをフルセットで下し、セミファイナル進出を決めた。セリーナは「動けなかった。。プロレベルのことが何もできなかった。今日の私はアマチュアだったわ」とコメントしている。

予想とはちがったけど、おもしろくなってきたぞ〜〜〜!


→blogランキングの順位をチェック!

›June 01, 2004

全仏2004 8日目レビュー

Posted by darren at 06:02 PM / Category: pro / 0 Comments / 0 TrackBack

男子シングルスドロー
女子シングルスドロー
Yahooニュース・テニス
地上波放送予定
WOWOW放送予定

8日目トピック

MENS
■ナルバンディアンがサフィンに勝利!
第8シードのデビッド・ナルバンディアン(アルゼンチン)が第20シードのマラト・サフィンを破り、ベスト8進出を決めた。サフィンは手の皮が向けた影響でプレーを安定させることができなかったようだ。ナルバンディアンは非常に守備に優れた選手。ビッグショットもビッグーサーブも持たない彼がなぜ勝てるのか?彼のゲームメイクは初心者にもすごく参考になると思う。

■ヒューイットがマリッセにストレート勝ち!
第12シードのレイトン・ヒューイットがゼイビア・マリッセを破りベスト8進出を決めた。マリッセは強力なフォアハンドでヒューイットを攻めたが、ロングラリーを苦にしないヒューイットの粘りに屈した形だ。ヒューイットはクレーで好感触を得ている模様。「今年はフィジカル面が充実している。このサーフェスでプレーするほど、自身が付く」とコメントしている。

どの試合も目がはなせないっ!


→blogランキングの順位をチェック!

›May 31, 2004

全仏2004 6・7日目レビュー

Posted by darren at 01:12 PM / Category: pro / 0 Comments / 0 TrackBack

男子シングルスドロー
女子シングルスドロー
Yahooニュース・テニス
地上波放送予定
WOWOW放送予定

6・7日目トピック

MENS
■クエルテンがフェデラーをストレートで下す!
過去にフレンチオープンを3度制覇しているレッドクレーのスペシャリスト、グスタボ・クエルテンが第一シードのロジャー・フェデラーをストレートで破った。クエルテンは2000年・2001年と全仏を征したあと2002年2003年は4回戦で姿を消していた。今回は第一シードを破っての4回戦進出、おそらく次も勝ってクオーター・ファイナル(準々決勝)までは進むだろう。しかし次はマラト・サフィン VS デビッド・ナルバンディアンの勝者と対決。どちらとあたっても厳しい戦いになるだろう。

■ヒューイットがフルセットでフェルケルクに勝利!
第12シードのレイトン・ヒューイットが第19シードで去年準優勝のマーティン・フェルケルクをフルセットの末破り4回戦進出を決めた。セットカウント2−1で負けていた状態から2セット連取しての勝利。去年はあまり振るわなかったヒューイットだが今年はふたたび持ち味の粘りと気合が復活してきたかも?

■マリッセがコスタをフルセットで破る!
管理人一押しのゼイビア・マリッセ(ベルギー)が一昨年優勝、昨年セミファイナル進出のアルベルト・コスタ(スペイン)をフルセットで破り4回戦進出を決めた。次は同じくフルセットを征したレイトン・ヒューイットとの対決。タフマッチを征したもの同士の対決は残された体力で決まるかも?その点ではヒューイット有利?

WOMENS
■シャラポワがベスト8に初進出!
テニス界3大アイドルの一人、マリア・シャラポワがグランドスラム初のベスト8進出を果たした。次の相手はダブルスでは有名なパオラ・スアレスだが、シングルスではシャラポワに勝ち目はあるはず。ベスト4進出なるか!?

■ディメンティエワがダベンポートに勝利!
第9シードのエレナ・ディメンティエワが第5シードのリンゼイ・ダベンポートをストレートで破りベスト8進出を果たした。次は地元期待のアメリー・モーレスモと対決、ディメンティエワも強打を得意とする選手なのでハードヒット対決になるだろう。最近勢いに乗るモーレスモをディメンティエワは止められるか!?

次回の注目カード・・・
女子は全部注目だなぁ。。。
男子は
マラト・サフィン VS デビッド・ナルバンディアン
レイトン・ヒューイット VS ゼイビア・マリッセ
だな。


→blogランキングの順位をチェック!

›May 28, 2004

全仏2004 4日目レビュー

Posted by darren at 01:25 PM / Category: pro / 0 Comments / 0 TrackBack

男子シングルスドロー
女子シングルスドロー
Yahooニュース・テニス

4日目トピック

■去年の覇者フェレーロが2回戦敗退!
男子シングルス昨年の覇者ファン・カルロス・フェレーロがイーゴリ・アンドレエフ(ロシア)に4−6、2−6、3−6で敗れる波乱があった。大会前のファンインタビューでは優勝予想にフェレーロの名前をあげる人も多かったが、期待には答えられなかった。手首のケガの状況が思わしくないと言われていたが、その影響だろうか。。

■浅越は3回戦へ、杉山は2回戦敗退
女子シングルスでは日本人2人が2回戦に登場した。浅越しのぶは第16シードのパティー・シュニーダーをフルセットの末破り3回戦進出を決めた。一方、第12シードの杉山愛はバージニア・ルアノ・パスカル(スペイン)と対戦し、第1セットを先取したものの、第2・第3セットを落とし逆転負けを喫した。「思ったとおりに体がうごいてくれなかった。。」と試合後のコメントで述べていた。

そろそろ実力者同士のカードもでてきました。次回注目の対決は

男子では
ロジャー・フェデラー(1) VS グスタボ・クエルテン(28)
トーマス・エンクビスト VS ガストン・ガウディオ
レイトン・ヒューイット(12) VS マーティン・フェルケルク(19)
アルベルト・コスタ VS ゼイビア・マリッセ
マリオ・アンチッチ(30) VS ギレルモ・コリア(3)

女子では
Vera Zvonareva(10) VS マリア・シャラポワ(18)
エレナ・ディメンティエワ(9) VS アンナ・スマシュノワ(19)
ジェニファー・カプリアティー(7) VS エレナ・ボビーナ(25)

あたりかなぁ。。。


→blogランキングの順位をチェック!

›May 27, 2004

全仏2004 3日目レビュー

Posted by darren at 01:57 PM / Category: pro / 0 Comments / 0 TrackBack

全仏オープンホームページ
Yahooニュース・テニス

3日目トピック

■昨年の覇者ジャスティン・エナン・アルデンヌ敗退!
女子シングルス第一シードで昨年の覇者のエナンが2回戦で姿を消した。エナンは管理人のお気に入り選手なので今回優勝候補としてあげていたけれど、ウイルス性感染症による影響からまだ回復できていなかったようだ。ウインブルドンでの活躍に期待!

■アンディー・ロディックがフルセットの末敗れる!
男子シングルス第2シードのアンディー・ロディックもフルセットの末、2回戦敗退となった。第2シードの敗退ということで話題になってはいるが、ロディックの全仏の記録を見てみると2001年は3回戦まで行っているが、おととしと去年は1回戦負けなのだ。レッドクレーの相性はロディックにとって最悪の模様。

■アジアの期待の星、スリチャパン敗れる!
第13シードのパラドン・スリチャパンがアレックス・コレチャにストレートで敗れた。スリチャパンは最近成長著しい選手。しかし相手のコレチャは2001年には決勝、2002年には準決勝まで進出しているクレーコートのスペシャリスト、経験の差が出たようだ。。。

■ダブルス杉山組、浅越組に敗れる!
女子ダブルスで2連覇を目指す杉山 愛はリーゼル・フーバーと新ペアで1回戦に挑んだが日本の浅越・藤原ペアにフルセットの末敗れた。なんだかグランドスラムでの杉山愛は浅越しのぶと相性が悪いような気がする。まえもシングルスで浅越に負けてたし。


→blogランキングの順位をチェック!

›May 26, 2004

全仏2004 1・2日目注目の結果

Posted by darren at 03:37 PM / Category: pro / 0 Comments / 0 TrackBack

★男子シングルスドロー
★女子シングルスドロー

1・2日目の結果の中から管理人が注目したカードをPick up!
■アガシ敗退
第6シードのA.アガシが予選から勝ち上がった世界ランク271位のジュローム・アネルにストレート負けを喫した。アガシって時々変な負け方をするなぁ。そこそこ勝ち上がると思ってたけど。。。第7シードのシュットラーも負けて、いきなりトップ10シードのうちの2人が消えた。

■ナルバンディアン快勝!
1回戦注目してたカードの一つがD.ナルバンディアン VS R.ガスケ。ナルバンディアンは非常に守備の強い選手で優勝候補にも挙げていたけど、対するリチャード・ガスケは天才ジュニアと名高かった選手だったから、もしかしたら番狂わせが起きるのかもって思ってたけど、ナルバンディアンがプロの洗礼を浴びせた形でストレート勝利!

■X.マリッセが第7シードのR.シュットラーを破る
ゼイビア・マリッセはまだグランドスラム上位進出はないものの、管理人が以前から注目している選手の一人。シュットラーの実力はかなりのものだが、今回はマリッセに軍配が上がった。

■浅越しのぶがD.ハンチュコワに勝利!
ヨネックスRDTi80を使っている選手同士の対決は浅越しのぶのストレート勝ち。日本人の勝利はうれしいけど、ハンチュコワが負けちゃったのはかなしい。。。もはやハンチュコワは消え行く運命なのか。。。?ちなみにシャラポワは勝ちました。


→blogランキングの順位をチェック!

›May 21, 2004

全仏2004ドロー発表と優勝予想

Posted by darren at 07:16 PM / Category: pro / 0 Comments / 0 TrackBack

女子の第1シードは大会2連覇と4大大会3連覇を目指すジュスティーヌ・エナン・アーデン(ベルギー)。世界ランク2位のキム・クライシュテルス(ベルギー)が故障で欠場するため、セリーナ・ウィリアムズ(米国)が第2シードとなった。
 男子は今年の全豪オープンの覇者ロジャー・フェデラー(スイス)が第1シード。アンディ・ロディック(米国)、ギリェルモ・コリア(アルゼンチン)が第2、3シードで臨む。(yahooニュースより

全仏オープンホームページ

いよいよ来週の月曜から全仏オープン2004が開幕だね〜。
発表されたトップ10シードは以下の通り、それ以降は全仏HPを参照。

■Mens singles
1. Roger FEDERER (SUI)
2. Andy RODDICK (USA)
3. Guillermo CORIA (ARG)
4. Juan Carlos FERRERO (ESP)
5. Carlos MOYA (ESP)
6. Andre AGASSI (USA)
7. Rainer SCHUETTLER (GER)
8. David NALBANDIAN (ARG)
9. Tim HENMAN (GBR)
10. Sebastien GROSJEAN (FRA)

■Womens singles
1. Justine HENIN-HARDENNE (BEL)
2. Serena WILLIAMS (USA)
3. Amelie MAURESMO (FRA)
4. Venus WILLIAMS (USA)
5. Lindsay DAVENPORT (USA)
6. Anastasia MYSKINA (RUS)
7. Jennifer CAPRIATI (USA)
8. Nadia PETROVA (RUS)
9. Elena DEMENTIEVA (RUS)
10. Vera ZVONAREVA (RUS)

男子の優勝候補は直前のクレーでコリアを倒して優勝したフェデラーが最有力ってことになるかなぁ。調べてみたところ前回の覇者フェレーロは水疱瘡や手首のケガで万全では無い様子。コリアは前哨戦での成績はいいものの腹痛に悩まされているらしい。サフィンはクレーでプレーが思わしくなく精神的に参っている様子。

比較的コンスタントに調子を上げてきているのは6シードのモヤと8シードのナルバンディアンかなぁ。そのどちらかとフェデラーが決勝であたるんだろうか?それ以外のシード選手ではロディックはクレーを苦手とするもののはやめにフランス入りし経験をつんでいるとのこと。あとヒューイットもトップ10シードには入っていないが成績は悪くない。


女子の優勝候補はやはりエナンかなぁって気はする。どれくらい調整できているのだろうか?エナンに対抗できる選手としてあげられるのはモーレスモ、セリーナ・ウィリアムス、ビーナス・ウィリアムス、ダベンポートあたりかなぁ。モーレスモはイタリアマスターズでセリーナを破って優勝していているし、ダベンポートもクレーで1勝し、現在開催中のストラスブール国際でもセミファイナルまできている。奇数シードにエナン、モーレスモ、ダベンポート、カプリアティ、偶数シードにセリーナ・ウィリアムス、ビーナス・ウィリアムスだから決勝はウィリアムス姉妹のどちらかとエナンかその対抗馬ってことになるのかなぁ。。。

さあみんなはどう予想する?


→blogランキングの順位をチェック!

›May 18, 2004

イタリア・マスターズはモーレスモが逆転優勝!

Posted by darren at 09:21 PM / Category: pro / 0 Comments / 0 TrackBack

[ローマ 16日 ロイター] 女子テニスのテレコムイタリア・マスターズは16日、当地でシングルス決勝を行い、世界ランク3位で第2シードのアメリー・モーレスモ(フランス)が第5シードのジェニファー・カプリアティ(米国)を接戦の末に下し、優勝を決めた。(Yahooニュース!より引用)

アメリー・モーレスモについて簡単に解説。フランス出身。July 5, 1979生まれの24歳。バックハンド片手打ち。使用ラケット:ダンロップ 300G

2003年全仏準々決勝、全米準々決勝、2004年全豪準々決勝。

シングルバックハンドで勝ち上がってくる女性といえばエナンかモーレスモ、全豪の前のアディダス国際では決勝で対戦してエナンが勝ってた。鍛え上げられた体と厚いグリップ(ウエスタングリップ)から繰り出されるショットは強力、バックハンドもうまい。ストローカーだけど、チャンスでは前に出てドライブボレーなんかもする。鍛えられたフィジカルとは裏腹にメンタル面では非常にデリケートで、それが勝敗に影響すること多いようだ。

このマスターズではセリーナ・ウィリアムス、ジェニファー・カプリアティーといったパワーテニス対決を勝ってきているし、決勝のカプリアティー戦では逆転勝利をおさめるなど勝負強さも見せているので、来週からの全仏オープンでもホームの利を活かしつつ勝ち上がってきてもらいたいところ。

ドキッチハンチュコワもこのマスターズに出場していたけど、一回戦負け。。。全仏では放送されないかもなぁ。

全仏の上位進出はエナン、ビーナス・ウィリアムス、セリーナウィリアムス、モーレスモ、ダベンポートって感じかなぁ。


→blogランキングの順位をチェック!

›May 17, 2004

マスターズ・ハンブルグはフェデラーが優勝!

Posted by darren at 07:54 PM / Category: pro / 0 Comments / 0 TrackBack

男子テニスのマスターズシリーズ、ハンブルク大会は16日、当地でシングルス決勝を行い、世界ランク1位の第1シード、ロジャー・フェデラー(スイス)が、大会連覇を狙う第2シードのギレルモ・コリア(アルゼンチン)を逆転で下し、優勝を決めた。コリアはこの負けでクレーコードでの連勝記録は31でストップ。

ロジャー・フェデラーについて簡単に解説。
スイス・バーゼル出身、8/8/1981生まれの23歳。
バックハンド片手打ち。
使用ラケット:プロスタッフ ツアー90

2002年ウインブルドン優勝、2004年全豪オープン優勝。

ピート・サンプラスに憧れていたこともあってか、プレースタイルはオールラウンドでフォアのグリップも薄め。ネットプレー中心だけど、ストロークも非常にうまい。ハードヒッターやビッグサーバー相手には無理に打ち合おうとせず、つないでチャンスボールをたたいていくゲームメイクはすばらしい。サーブのスピードは普通だけど、コースをしっかり打ち分けていくため、サーブポイントも多い。

フェデラーがうまいのはわかってるけど、モンテカルロで優勝して全仏に向けて調子を上げてきているコリア相手に、しかもクレーコートでフェデラーが勝ってしまうとは驚いた。クレーコートはボールが遅いから、サーブアンドボレーヤーには不利とされている。元王者サンプラスも全仏のタイトルは取れなかった。

全仏では男子はコリア・サフィン・フェレーロあたりが優勝候補だと思っていたけれど、ここにフェデラーも入ってくるかもしれないなぁ。プレースタイルの違う選手同士の試合ってのもおもしろいから、ぜひ勝ち上がってきてもらいたいところ。


→blogランキングの順位をチェック!

›April 26, 2004

マスターズ・モンテカルロはコリアが優勝!

Posted by darren at 01:15 PM / Category: pro / 0 Comments / 0 TrackBack

■Coria Masters Monte-Carlo

第3シードのコリアは第4シードのライナー・シュットラーを6-2, 6-1, 6-3のストレートで下しマスターズ・モンテカルロ優勝を決めた。コリアのクレーコート連勝記録は26に更新された。この勝利でATPランキング4位に浮上した。

5月24日からの全仏オープンを前に絶好調のコリア。そういえばナスダックオープンの決勝でロディックとやったときに背中の痛みで棄権していたけれど、それはもう治ったみたい。昨年の全仏では準決勝でマーティン・フェルケルクに負けていたけれど、今年は昨年の覇者フェレーロよりも優勝の可能性は高いかもしれない。まあ前哨戦で優勝したからといってグランドスラムで勝てるってわけじゃないけどね。全豪の前哨戦優勝はヒューイットだったし。サフィンも今年は調子いいし、体力もあるからコリア、フェレーロ、サフィンあたりが有力候補なのかなぁ。


→blogランキングの順位をチェック!

›April 23, 2004

ラファエル・ナダルが全仏欠場を表明

Posted by darren at 10:51 AM / Category: pro / 0 Comments / 0 TrackBack

■Rafael to Miss Roland Garros and Likely Wimbledon
■ラファエル・ナダル プロフィール

ラファエル・ナダルが足首のケガのためフレンチオープンを欠場する意向を示した。ケガの回復状況によってはウインブルドンへの出場も断念するかもしれない。

ラファエル・ナダルの簡単な紹介。2001年に15歳でプロに転向したサウスポー、現在17歳。182センチ、75キロ。スペインのマジョルカ島出身。サウスポーから繰り出される強烈なフォアハンドを武器に今年のナスダックオープンでは全豪の覇者ロジャー・フェデラーをも撃破した。

レッドクレーで育ったナダルは全仏とは相性も良かったはず、ケガでの欠場が悔やまれる。だけど長い目で見れば今無理をしてケガが悪化するよりも休むことが先決だ。ナダルは今後のグランドスラム上位に必ず進出してくるだろう。


→blogランキングの順位をチェック!

›April 22, 2004

ファン・カルロス・フェレーロ

Posted by darren at 01:33 PM / Category: pro / 0 Comments / 0 TrackBack

■テニス=マスターズ・モンテカルロ、フェレーロが初戦敗退

男子テニスのマスターズシリーズ、モンテカルロ大会は20日、当地でシングルス1回戦を行い、3連覇を狙っていたフアン・カルロス・フェレーロが主催者推薦のアレックス・コレチャ(ともにスペイン)に2―6、3―6で敗れる波乱があった。

フェレーロはここんところちょっと調子悪いみたいだなぁ。やっぱ今年始めにかかった水疱瘡の影響かも。2月のワールドテニストーナメントでは決勝まで行ってたけど、この前のバレンシアオープンは準決勝で負けて、今回の初戦敗退。フェレーロは2003年のフレンチオープンの覇者。フレンチオープンまであと一ヶ月くらいだけどそれまでに調子を戻せるのか?

フェレーロについて簡単に紹介。フルネームはファン・カルロス・フェレーロ。ルックスはかなりかっこいいから女性は必見!
写真ではちょっとかっこよさがわからないかも。プレースタイルは攻撃的ストローカー、フォア、バック共に強打を得意とする選手。調子がいいときは打ち込み出したらとまらない、去年のUSオープンの対アガシ戦はまさに打ちまくりの一戦だった。だけど、強打は体への負担も大きく最近はケガに苦しんでいるようだ。あと非常にきれいなフォームをしているから、お手本にするにはもってこい。たまにだけど、テニプリでおなじみのジャックナイフを使ったりもする。

フレンチオープンは5月24日からスタート!地上波でも深夜帯に放送すると思うから観て見よう!


→blogランキングの順位をチェック!

›April 16, 2004

Goran Sets his Sights on Wimbledon 2004

Posted by darren at 06:19 PM / Category: pro / 0 Comments / 0 TrackBack

■テニス=イワニセビッチ、招待枠でステラアルトワ選手権出場へ
■Goran Sets his Sights on Wimbledon 2004

ゴラン・イワニセビッチがウインブルドンの前哨戦であるステラアルトワ選手権に招待枠で出場することが判明。知らない人がほとんどだと思うから、今後はプロテニスプレーヤーは簡単な解説をつけていくよ。

イワニセビッチはサウスポーのビッグサーバーとして有名だった選手。2001年には悲願のウインブルドンタイトルを取ったが、その後肩のケガの悪化から戦線を離脱していた。

イワニセビッチは激情型の選手でキレてラケット折ったりとかすることも昔は多かったのだけれど、感情を表に出す選手ってのは観ているほうとしては選手の心境がよくわかっておもしろい。特にイワニセビッチは信心深くてサービスエースを取ったあとはもういちどボールパーソン(ボールをあつめたり、渡してくれたりする人)に「そのボールをくれ!」といって同じボールでサーブを打ったり、どうしても決めたい場面なんかでは神に祈ったりとかするから、観ているこっちまで「入ってくれ!」と祈っちゃったりします。

ウインブルドンにまた出てくるのかなぁ?去年も前哨戦には出場したけれど、やっぱり肩のケガの具合がよくなくて結局ウインブルドンには出なかったし。でも出てきたらフェデラーやロディックなどの若手とどんな試合をしてくれるのかおもしろいと思うから、がんばってもらいたいところ。


→blogランキングの順位をチェック!

›April 13, 2004

ロディックがサーブ最速記録を更新

Posted by darren at 07:41 PM / Category: pro / 0 Comments / 0 TrackBack

テニス=ロディック、サーブ最速記録を更新(ロイター)

アンディ・ロディックはビッグサーブを武器としているが、自身の持つサーブ最速記録を更新し、時速244.6キロをマークした。

ロディックはプロテニス界最速サーバーだが、サーブのフォームは非常にコンパクトでラケットダウンを省略したクイックモーションからサーブを打つ。大きなモーションが速いスピードを生み出すと思われがちだが、コンパクトなモーションでも筋肉の伸縮を活用してボールを前に押しだすように打つことができれば、非常に速いボールを打つことが可能だ。ロディックのすごいところは5セットマッチで最終セットゲームカウント6−6になっても、その速度が維持されたままで、ダブルフォールトが増えるということもないところだ。今後もビッグサーブを武器にグランドスラム上位に食い込んでくるだろう。


→blogランキングの順位をチェック!

›April 09, 2004

★テニス界のアイドル

Posted by darren at 06:44 PM / Category: pro / 0 Comments / 0 TrackBack

女子スポーツにはアイドルとかマドンナとかがつきものだけど、テニスにもそういうひとがいたりします。ひと昔前はアンナ・クルニコワが有名でウイルスメールの名前になったりもしました。シングルスではいまいちだったけど、ダブルスではグランドスラム(世界で最高ランクの大会)で何回か優勝していました。でもケガやら何やらでいつのまにか消えちゃったってかんじ。

最近のアイドルといえばハンチュコワ、シャラポワ、ドキッチかなぁ。。。

最近のアイドルといえばハンチュコワシャラポワドキッチかなぁ・・・。シャラポワはNECのノートパソコンのCMにでてるし見たことある人もいるかも。ハンチュコワはアエラっていう政治経済の雑誌の表紙になっていたりもします。ドキッチはけっこう前から知られてて、最近はあまり注目されてないかも。でもジャパンオープンとか東レパンパシフィックオープンによく来ているので日本のテニスファンにはおなじみ。ちなみに最近のテニス雑誌の表紙はほとんどシャラポワかハンチュコワになっております。べつにテニスに興味なくてもファンになってるひとおおいようで。。。。まあそんなのがきっかけでもいいからテニスしたり観たりするならいいかと。。。でもハンチュコワは身長181cm、シャラポワは183cmあるよ。

関連サイトはこちら
ハンチュコワ.org
マリアワールド
ドキッチファンサイト・・日本の方がつくっておられます。
アンナ・クルニコワ プロフィール


→blogランキングの順位をチェック!